前回東京五輪のレガシー(遺産)東海道新幹線の開業を振り返る 日本に高速鉄道時代がやってきた【取材ノートからNo6】

前回東京五輪のレガシー(遺産)東海道新幹線の開業を振り返る 日本に高速鉄道時代がやってきた【取材ノートからNo6】
拡大する(全4枚)
川崎重工業 兵庫工場では、新幹線0系と在来線特急形181系が静態保存されている。(写真:鉄道チャンネル編集部)

東京オリンピックが間近に迫りました。結局、ほとんどの会場は無観客になったわけですが、これまで私が書いてきた五輪輸送の記事やコラムは一体何だったのか。それはともかく、無観客でも大会が盛り上がれるのか? それが今、一番気になります。そして、五輪の競技では、テニスの大坂なおみ選手やバスケットボールの八村塁選手のような世界のスーパースターが日本選手団として参加することが信じられない気持ちですが、思い返せば前回の五輪でも世界の鉄道界のスーパースターが登場していました。東海道新幹線です。

といういささか強引なフリで、今回は東海道新幹線開業のころを回顧してみましょう。オリンピックのわずか9日前に開業した新幹線は東京―新大阪間を4時間で結び、列車は超特急の「ひかり」と、特急の「こだま」。車両は0系1種類で、まだまだ生まれたての鉄道でした。

在来線特急「こだま」が6時間30分で結んだ

前回東京五輪のレガシー(遺産)東海道新幹線の開業を振り返る 日本に高速鉄道時代がやってきた【取材ノートからNo6】
東京―大阪間を6時間30分で結んだ在来線特急「こだま」。ビジネス客の利用が多く「ビジネス特急」とも呼ばれました。(画像:さんり/PIXTA)

現行ダイヤでは最速2時間22分。将来はリニア中央新幹線もあるわけで、東海道ラインは常に日本の鉄道界の先頭を走っているようです

東京―大阪間は、明治年間には片道20時間近くを要し、表定速度は時速30キロ前後。それこそ1日がかりの移動でしたが、戦後の1956年に全線電化が完成。それまでの客車特急が、電車特急「こだま」(ボンネット形特急の名車として今に語り継がれる151系電車)に置き換えられた1960年のダイヤ改正では、片道約6時間30分に短縮されました。表定速度は時速86キロで、3倍近くにスピードアップされました。


この記事の画像

「前回東京五輪のレガシー(遺産)東海道新幹線の開業を振り返る 日本に高速鉄道時代がやってきた【取材ノートからNo6】」の画像1 「前回東京五輪のレガシー(遺産)東海道新幹線の開業を振り返る 日本に高速鉄道時代がやってきた【取材ノートからNo6】」の画像2 「前回東京五輪のレガシー(遺産)東海道新幹線の開業を振り返る 日本に高速鉄道時代がやってきた【取材ノートからNo6】」の画像3 「前回東京五輪のレガシー(遺産)東海道新幹線の開業を振り返る 日本に高速鉄道時代がやってきた【取材ノートからNo6】」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トラベルニュースランキング

トラベルランキングをもっと見る
お買いものリンク