京都鉄道博物館を探検!見どころ満載の館内をご紹介致します!!【その1】

京都鉄道博物館を探検!見どころ満載の館内をご紹介致します!!【その1】
       

先日、京都鉄道博物館へ遊びに行ってきました!

京都鉄道博物館を探検!見どころ満載の館内をご紹介致します...の画像はこちら >>

京都鉄道博物館は“地域と歩む鉄道文化拠点”をコンセプトに2016年4月29日にオープン。地域との連携を図りながら地域活性化にも寄与し、「憩いの場」として多くのお客様から愛されています。博物館独自の「見る、さわる、体験する」をテーマに感動とひらめき、知的好奇心を生み出し、子供から大人までたくさんのお客様の鉄道知識を深めてきました。歴史や技術・文化の発展を学ぶことができ、鉄道ファンだけでなく鉄道に詳しくないお客様も一緒になって楽しめる博物館です。

京都鉄道博物館を探検!見どころ満載の館内をご紹介致します!!【その1】

館内には53両の歴史的価値を持つ貴重な車両が保存・展示されています。営業線と繋がる引込線も敷かれているので、営業用車両だけでなく普段は目にすることのできない車両が展示されることも。引込線を利用して展示車両を変える取り組みは国内で唯一京都鉄道博物館のみのようです。

それでは早速、館内を探検してみましょう!

京都鉄道博物館を探検!見どころ満載の館内をご紹介致します!!【その1】

京都鉄道博物館といえば、やはり大きな扇形車庫が有名ですよね。重要文化財、準鉄道記念物、近代化産業遺産に指定されている扇形車庫は1914年に建設され、21線(20庫・21線)の引込線があります。現存する最古の鉄筋コンクリート造りの機関車庫だそうですよ。明治~昭和に活躍した代表的な蒸気機関車が20両保存・展示されています。

京都鉄道博物館を探検!見どころ満載の館内をご紹介致します!!【その1】

京都鉄道博物館を探検!見どころ満載の館内をご紹介致します!!【その1】

京都鉄道博物館を探検!見どころ満載の館内をご紹介致します!!【その1】

京都鉄道博物館を探検!見どころ満載の館内をご紹介致します!!【その1】

中でも見どころは日本最大の旅客用蒸気機関車C62形。京都鉄道博物館には1、2、26号機と3機も揃っています。このサイズ感!私の身長と車輪の高さが同じくらい!!間近で見ると、大きくてより迫力があります。こちらのC62形1号機はD52形のボイラーを流用して1948年に製造されたそう。間近で見ると、より迫力があり圧倒されてしまいます。


当時の記事を読む

鉄道チャンネルニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月9日のトラベル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。