闘莉王、引退会見全文③ たくさんの仲間や家族に支えられた19年間

闘莉王、引退会見全文③ たくさんの仲間や家族に支えられた19年間

1日、京都サンガF.C.に所属する元日本代表DF田中マルクス闘莉王が都内で記者会見を行い、今季限りで現役を引退することを発表した。これまで熱い魂で日本サッカー界を牽引してきた闘将が、会見で現在の心境や19年間のプロ生活などを振り返っている。

質疑応答など、コメントは以下のとおり

――日本へのルーツでもある日系人のお爺様やお婆様がいますが、2人から聞かされた言葉で印象に残っているものは?


「僕は1998年に来日しましたが、当時は携帯もなく、インターネットもなく、情報もものすごく少ない中で、日本へ来ることになりました。おばあちゃんも、おじいちゃんも、戦前にブラジルへ移民したわけで、あの時の日本と98年の日本の違いがあまりにも多すぎて、環境的なアドバイスは正直、あてになることはあまりありませんでした。でもおばあちゃんにずっと言われていた『日本魂』、『日本人魂』、人に対する『リスペクト』、そういうところはブラジルとは違う。本当に口すっぱく言ってくれたことが、会うたびにそういうふうに言ってくれたことが、日本に来て少しでも文化を理解し、少しでも言葉を話すことつながった。そのおばあちゃんの言葉の意味がどんどん膨らんでいき、やっぱりこういうことを言ってくれていたんだなと。(日本に来て)もう21年、3月で22年になるんですが、(日本に)いればいるほど『日本人魂』、人に対する『リスペクト』というのは大切なものだなと感じます」

ーー 印象的なチームメイトについて


「ありがたいことに、まっすぐ生きてきたせいかわかりませんけど、仲間よりも兄弟のような選手がたくさんできました。血はつながっていないんですが、心がリンクしているような感じが会うたびにしています。本当に数え切れない、もう名前を挙げれば誰かのことを忘れていまいそうで、ちょっと失礼になってしまうかもしれません。ただ、たまに自分は失礼なことをするので、名前を言わせてもらいます。本当に楢さん(楢崎正剛)であったり、岡野さん(岡野雅行)、平さん(平川忠亮)……、もう数え切れないほどの人がいるのでね。一回飲んだだけで、またこの人と飲みたくなる、この人と楽しい時間を過ごしたくなる。たくさんの人たちがいる中で、こんなよそ者を受け入れ、たくさん支えてくれた仲間たちとは、本当に切っても切れない縁だと思います。日本代表の監督でもある森保さんにも、(広島に)入団した当時から色々と食事に連れていってもらいました。いろんな人たちにお世話になったなと、心から感謝しなきゃいけないなと思ってます」


あわせて読みたい

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「闘莉王、引退会見全文③ たくさんの仲間や家族に支えられた19年間」の みんなの反応 1
  • 名無し 通報

    各クラブで頑張っている川島選手、権田選手、吉田選手、長友選手、内田選手、山口選手、香川選手、本田選手、岡崎選手、宮市選手、大久保選手、柿谷選手、ソン選手、アズムン選手、その他の選手も頑張って下さい

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「水戸ホーリーホック」のニュース

次に読みたい関連記事「水戸ホーリーホック」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アビスパ福岡」のニュース

次に読みたい関連記事「アビスパ福岡」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大分トリニータ」のニュース

次に読みたい関連記事「大分トリニータ」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月1日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。