中盤のファイターにサイドバック任された若手も アルテタ就任で変わった3人

中盤のファイターにサイドバック任された若手も アルテタ就任で変わった3人

アーセナルのジャカ photo/Getty Images

重要度に変化?

ミケル・アルテタ政権初陣となった昨年12月26日のボーンマス戦から約一カ月。リーグ戦の成績は1勝4分1敗と少々寂しいが、アルテタは就任早々から自身のアイディアを積極的に出している。

英『90min』が注目したのは、前任ウナイ・エメリとは異なる選手起用だ。MFメスト・エジルをトップ下に固定するようになったのも1つの変化だが、同メディアは他にもアルテタ政権でフォームが改善された選手が3人いると主張する。

1人は、エクトル・ベジェリン離脱中に右のサイドバックを務めたエインズリー・メイトランド・ナイルズだ。21日のチェルシー戦ではベジェリンが復帰したためベンチだったが、アルテタは就任してからリーグ戦5試合連続でメイトランド・ナイルズをフル出場させている。

ビルドアップ時にメイトランド・ナイルズを中盤に移動させる偽サイドバックも試みるなど、アルテタは当初からある程度メイトランド・ナイルズを信頼していたのだろう。

2人目と3人目はともに中盤から、MFルーカス・トレイラとグラニト・ジャカだ。トレイラはエメリの下でポジションを確保しきれていない部分があったが、アルテタは中盤のフィルター役としてリーグ戦6試合中5試合でフル出場させている。一方でエメリが好んでいたMFマッテオ・グエンドウジのプレイタイムは減少しており、このあたりはアルテタ流の変化ポイントか。

ジャカも昨年11月にはサポーターと衝突して主将を剥奪されるトラブルを経験したが、アルテタは5試合にフル出場させている。同メディアもジャカのカムバックは驚きだったと伝えているが、中盤からボールをワイドに散らす役割をこなしている。ビルドアップの際に左サイドバックの位置へ入る動きも見せるなど、組み立ての部分で一定の信頼を得ているのだろう。

まだアルテタのアイディアが結果に繋がっていない部分はあるものの、この一カ月で早くも変化を感じることができている。選手たちの序列にも変化があり、この3人を含め今後チームがどう変わっていくか楽しみだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は、いよいよ始まるチャンピオンズリーグ・ラウンド16を徹底プレビュー。アトレティコ×リヴァプール、レアル×シティなどビッグカードが目白押しの今季CL。注目対決の行方に豪華執筆陣が迫ります!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

あわせて読みたい

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月24日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。