[特集/激化するスクデット争い 02]残す課題は“守備の安定化”のみ インテルの攻撃的サッカーがついに開花

[特集/激化するスクデット争い 02]残す課題は“守備の安定化”のみ インテルの攻撃的サッカーがついに開花
 2020-21シーズン、セリエAでここまで首位ACミランと3ポイント差の2位につけるインテル。アントニオ・コンテ監督体制2年目を迎え、彼らのサッカーは完成の域に到達しつつある。なかでも第17節終了時点でリーグトップの43得点を誇る攻撃陣の破壊力は抜群。直近2試合でこそ勝利を逃したものの、年末年始に8連勝を記録した勢いは本物と言えるだろう。現時点ではミランの後陣を拝しているものの、日程面などを考慮すれば分があるのはインテルか。守備の安定化さえ図ることができれば、ネッラズーリこそがスクデット争いの主役となれる。

シンプルだが止められない 強烈な“個”が生む破壊力

[特集/激化するスクデット争い 02]残す課題は“守備の安定...の画像はこちら >>

ここまでセリエAで2位につけるインテル。リーグトップの43得点を誇る攻撃陣の破壊力は抜群だ photo/Getty Images

 年末年始にかけてセリエAで8連勝を飾ったインテルは、今季スクデット争いの主役だ。サンプドリア戦で久々の黒星を喫し、続くASローマ戦は終盤に追いつかれて勝ち点2を失った。それでも、優勝争いはこれからが面白い。インテルが主役を張れる理由は、十分すぎるほどにそろっている。

 現在のインテルは、FWロメル・ルカク中心のチームだ。「ワンマン」というフレーズはネガティブな印象を与えがちだが、圧倒的な個がどっしりと構えたチームはやることが明確かつ強固である。好調時のルカクを止められるDFが存在しないのだから、これを土台としない理由がないのだ。

 アントニオ・コンテ監督は、1年半前にルカクの獲得を熱望し、そこからチームづくりを開始した。ボールを奪ったら、まずルカクを見る。これこそ、インテルが採用する戦術のベースとなっている。そこで確実にボールが収まることで、チーム全体が押し上げられる。相手の意識がルカクに集まれば、周囲の選手には自由が生まれる好循環。じつにシンプルな戦い方だ。

 そのようにして発生させた自由を最大限に活かすため、昨夏にインテルはSBアクラフ・ハキミを補強。指揮官が獲得を熱望した2人の良さが融合したことで、彼らは現在の爆発的な攻撃力を得ることに成功した。2020-21シーズンのインテルにおける攻撃のキモは、間違いなくこの2人だ。

 年末のスペツィア戦では、そんな2人の良さを最大限に活かした得点シーンも生まれた。相手の攻撃をしのいで自陣左からアシュリー・ヤングが前線にフィード。ルカクが最前線で競り勝つと、衛星的に動いていたラウタロ・マルティネスが右前方へパスを送り、最後はハキミが仕留める。まさに電光石火。ルカクのフィジカルと、ハキミのスピードというオンリーワンの能力が合わさったからこそ生まれたゴールと言えるだろう。これほど鋭いカウンターを繰り出せるのは、セリエAでインテル以外にない。指揮官もご満悦だったはずだ。

 第17節を終えて、ここまで積み重ねたチーム得点数はセリエAトップの「43」。首位ミランが37得点という事実からも、インテルの得点力がいかに爆発的であるかは窺い知ることができる。


当時の記事を読む

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月16日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。