相手をリスペクトしすぎてしまったか 守備的な戦いで自らの首を絞めた日本代表

相手をリスペクトしすぎてしまったか 守備的な戦いで自らの首を絞めた日本代表
拡大する(全1枚)

相手をリスペクトしすぎてしまったか 守備的な戦いで自らの首を...の画像はこちら >>

オーストラリア戦はどのような戦い方で試合に臨むか photo/Getty Images

オーストラリア戦はどのように戦うのか

ワールドカップ・カタール大会に向けたアジア最終予選を戦っている日本代表。アウェイゲームとなったサウジアラビア戦を終え、ここまで1勝2敗と早くも負け越してしまっている。

このように苦しい状況に陥っている日本代表だが、特に攻撃陣が深刻か。ここまでオマーン、中国、サウジアラビアと対戦しており、得点は中国戦での大迫勇也のゴールのみ。直近のサウジアラビア戦もその大迫が何度かゴールに迫ったが、ゴールネットを揺らすことは出来ていない。

この敗戦を生かし次節に向けて改善するとなれば前線のクオリティか。サウジアラビア戦はいつもの[4-2-3-1]となっており、2列目は右から浅野拓磨鎌田大地南野拓実となっていた。しかし、相手のプレッシャーに苦しみどの選手も余裕を持ってボールを保持することが出来ていない。また、リスク管理のためか両サイドバックの位置が低く、前線の選手が孤立する場面が散見されている。確かにサウジアラビアの攻撃陣のレベルは高く、警戒すべき相手ではあるが、少し相手をリスペクトしすぎたか。

本来の日本のスタイルであるボールを保持するポゼッションサッカーであれば、両サイドバックを上げてパスワークや3人目の動き出しから好機を演出できるはずだ。次節オーストラリア戦ではベルギーで活躍する伊東純也を起用することができる。相手をリスペクトしすぎず、日本らしい攻撃的サッカーに期待したい。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク