「寝坊したのはお前のせい!」モラハラ夫と離婚すべきか悩んだときに確認すること

「寝坊したのはお前のせい!」モラハラ夫と離婚すべきか悩んだときに確認すること
拡大する(全1枚)

夫に自分の性格を否定されたり、嫌味をネチネチと言われたりしたことはありませんか?自分で「その通りだ」と納得していたとしても、あなたの心は傷ついているはず。その場合、相手の言動はモラルハラスメント(モラハラ)に当てはまるとも考えられます。



このように、「自分でも気がつかないうちに実はモラハラを受けていた」というパターンも少なくありません。そこで今回は、モラハラをする側の特徴や原因についてお伝えします!



■モラハラ夫の特徴



モラハラとは、モラル(道徳)に反した精神的暴力のことをいいます。



モラハラをするといっても、いつどんな時もモラハラをするとは限りません。家では「こんなにマズイものはゴミだ」「お前は社会不適合者だ」とさんざん妻を罵っているのに、第三者がいる場所では「いい夫」を演じているようなケースも多くあるのです。



ということは、心の奥では「こんなセリフ、他の人には聞かれないようにしよう」と思っているのでしょう。表の顔だけで判断して、「いつもは素適な人だから」と終わらさないようにしておきたいですね。



■モラハラをする原因は?



愛し合って結婚したはずなのに、なぜ相手を傷つける発言をしてしまうのでしょうか。その背景には、「幼少期の親との関わり」が要因の一つともいわれています。



たとえば、完璧すぎる親に育てられていた場合、「親の言う通りにしていればうまくいく」と考えてしまいがちになります。その結果、大人になっても自分でものごとを決めようとせず、人任せの性格になってしまうことも。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク