「年金プラス2000万円」? 6000万円じゃなかったっけ?老後資金として貯めたい金額を徹底解説!

「年金プラス2000万円」? 6000万円じゃなかったっけ?老後資金として貯めたい金額を徹底解説!

95歳まで生きるには年金に加え、夫婦でプラス2000万円の蓄えが必要——。2019年6月3日に金融庁・金融審議会がまとめた報告書の内容が、大きな議論を巻き起こしている現在。私たちの老後資金は、本当に2000万円を用意しておけば安心なのでしょうか。



そこで今回は、老後資金として必要な金額について改めて検討してみました。貯金は大体の目標額を決めておいたほうが、計画的に取り組みやすいです。効果的な貯金の方法もあわせてチェックしておきましょう。



■60~95歳までの老後の生活資金はどのくらい必要?



まずは、老後の生活資金を見積もってみましょう。一般的に、老後の生活資金の目安は「現役時代(退職直前)の生活費の7割」といわれています。



仮に現役時代の生活費が月36万円程度とすれば、老後の夫婦2人の生活費は月25万円。そうなると、60歳から年金を受け取れる65歳までの5年間分の生活資金は[25万円×12カ月×5年間=1500万円]かかることになります。



さらに、65歳から支給される年金の金額を考えていきましょう。厚生労働省が公表(※)しているモデル世帯(夫は平均賃金で40年勤務、妻はその間専業主婦)の場合、2019年度の標準的な厚生年金額は月22万1504円となっています。



1カ月の生活費を25万円とすると、毎月の不足分は3万円。85歳まで生きた場合、65歳以降の20年間で[3万円×12カ月×20年間=720万円]が必要に。さらに95歳まで長生きすると仮定した場合、[3万円×12カ月×20年間=1080万円]が必要になります。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年6月18日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。