「就活セクハラ」1位は20代男性!?気になるその被害内容とは

「就活セクハラ」1位は20代男性!?気になるその被害内容とは

大学生の多くが乗り越えていくことになる、就職活動。「まだまだ先のこと」と思っている方も、「もうすぐ活動しなければ」と意気込んでいる人も、いま一度就活に関するルールを確認しておきましょう。就活中に潜んでいる注意点もあわせてご紹介します!



■大学1年生に内定を出す、という考え方も



「どうして企業が採用を開始するタイミングは、どこも似ているのだろう」と疑問に感じた経験はありませんか?それは、経団連が加盟企業に「採用に関する指針」を策定しているため。新卒の採用活動をする企業は、このルールに沿わなければならないのです。



現状では「内定がもらえるのは大学4年生になってから」というのがお決まりの流れですが、仮に「1年生で内定をもらえる」というルールができたら、今の流れはどうなっていくでしょうか。



1年生というと、まだ大学入試を終えて間もない頃。企業側は、学生を現時点の能力で判断するのではなく、「入社後に優秀な社員として成長してくれるだろう」と期待して採用することになります。



入社後に活躍してもらうため、「これからの大学生活で学んでほしいこと」を伝える企業も出てくるでしょう。大学で学べる内容に限らず、資格の勉強や海外留学、ボランティア活動といった幅広い指示を出すことも可能です。



このようなルールが実現すれば、「内定をもらった4年生が勉強しなくなる」といった現象がなくなるかもしれません。学生にとっても、大学生の間を有意義に過ごせるというメリットが得られるでしょう。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年7月8日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。