液体ミルクが便利すぎて感動! ママの負担を減らし、パパも育児参加しやすくなる

液体ミルクが便利すぎて感動! ママの負担を減らし、パパも育児参加しやすくなる

2019年3月に日本初の国産液体ミルクが販売開始となり、2019年7月現在では江崎グリコと明治の2社から販売されています。



海外では当たり前のように使われている液体ミルクですが、日本ではなかなか法整備が進みませんでした。しかし、災害時に熱湯が用意できないなどの環境下で液体ミルク需要が叫ばれるようになり、乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令、厚生労働省)が2018年8月に改正されたことにより日本国内でも液体ミルクの製造販売が解禁されたのです。



現在生後3カ月の第二子を育てる筆者も早速使ってみたところ、その「使いやすさ」に感動しました。どのような点で便利と感じたかを実体験から紹介していきます。



■粉ミルクに比べると格段に準備が楽



粉ミルクの場合、熱湯の準備、人肌に冷ますなどのステップを踏み、赤ちゃんに飲ませられる状態になるまでに結構時間がかかります。また、外出時には粉ミルク・哺乳瓶の他にも熱湯用のお湯を入れた水筒・湯冷まし用の水を入れた水筒など荷物も増えてしまうのです。



液体ミルクなら常温で飲ませることができるので持ち物は哺乳瓶と液体ミルクだけでOK。哺乳瓶に液体ミルクを注いだらすぐに飲ませることができるので、準備に時間が取られません。また、液体ミルクが入っている容器も紙パックか缶なので、捨てやすいのもありがたいところです。



■完全母乳でも夫に預けやすくなる



筆者は普段完全母乳で、粉ミルクは全く使っていませんでした。粉ミルクの缶は大体賞味期限が1カ月程度なので、普段あまり使わないのに買うのはもったいないですし、夫婦ともに粉ミルク作りに慣れていないので、母乳の方が楽だと思っていたからです。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年7月22日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。