高齢者の転倒や転落は交通事故の約2倍!甘くみてはいけない室内環境

高齢者の転倒や転落は交通事故の約2倍!甘くみてはいけない室内環境
拡大する(全1枚)

高齢者が介護を必要とする原因を見ると(平成28年厚生労働省国民生活基礎調査より( https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa16/dl/05.pdf ))、「骨折・転倒18,7%」は、「認知症18.7%」、「脳血管疾患15.1%」、「高齢による衰弱13.8%」に次いで、4番目に多い原因となっております。これは事故によるものでは一番大きな原因となっているそうです。



■前期高齢者(65歳~74歳)から事故が発生しやすい



「骨折・転倒」は介護を必要とする原因の4番目の多さですが、高齢者の場合は転倒が原因で寝たきり状態となり、それが原因で筋力や身体機能の衰え招く場合も多く症状を悪化させる要因にもなります。特に転倒が原因で大腿骨骨折となった場合には、歩けるまでにリハビリ等々のそれなりの時間がかかるので、そのまま寝たきりになることも少なくないようです。



高齢者の転倒・転落事故は死亡に至るおそれがあるばかりでなく、それが原因で介護が必要となるケースも多いので注意が必要になります。また、年齢が上がるほど、事故件数も増えますし危害の程度も重くなりますので、特に後期高齢者(75歳以上)になると更に死亡者数も増えているそうです。



それと日本頭部外傷データバンクによれば、高齢になると、筋力の低下や関節の可動範囲がどうしても狭くなるので転びやすくなるそうですし、転倒したときは頭の中の血管が切れやすい特徴があるそうです。その理由としては、高齢になると脳が小さくなり頭蓋骨と脳の間の隙間が大きくなるため、転倒や頭部を打った時の衝撃で脳がより動きやすい状態になるからだそうです。


当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月29日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。