「それってモラハラかも」正論や事実でも要注意!夫婦や親子でも配慮すべきこと

「それってモラハラかも」正論や事実でも要注意!夫婦や親子でも配慮すべきこと

「友達や職場の人と違って、家族には遠慮なく話せる」という方も多いのではないでしょうか。相手の言動をみて「もっとこうしたら?」「あなたはここが間違っている」とストレートにいいたくなることもあるでしょう。



しかし、それが正論でも相手が傷ついてしまう可能性もゼロではありません。大切な家族を傷つけないためにも、ご自身の言動を振り返ってみましょう。



■「モラハラ」について知っておこう



「モラハラ」という言葉をご存知でしょうか。これは、相手の人格や能力、容姿などを言葉で否定することを意味しています。



モラハラを受けた人は思考と言動を抑制されてしまうため、反抗する気が起こらず「相手のいう通りだ」と受け入れてしまうことも。自分への自信を失う、自虐的な考え方をしてしまうなど、苦しみが続きやすいのも特徴です。



たとえ仕事のストレスによる八つ当たりの言葉や、本人が事実だと捉えていたとしても、モラハラである事実は変わりありません。精神的な苦痛を受けていること自体が大きな問題なのです。



■モラハラの事例をチェック



では、モラハラの具体的な例をみてみましょう。夫からモラハラを受けていた方が、実際にいわれた言葉を聞いてみました。



・「私の性格や能力、外見のことを否定されました。『ブス』『グズ』『バカ』だけでなく、『お前は仕事ができない』『人を気遣えない』など。いわれていた当時は、『確かにその通りだ』と無理に納得しようとしていましたね」


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年8月10日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら