大阪出身でも知らない人も!? 「大坂」が「大阪」に変わった理由とは

■ビジネス、今日のひとネタ



大阪出身でも知らない人も!? 「大坂」が「大阪」に変わった理由とは

学生時代、日本史のテストで「大坂の陣」を「大阪の陣」と間違って書いてしまった! そんな経験がある方はいませんか?



最近だと、テニスの大坂なおみ選手が全米・全豪オープンで優勝するなどして現在ほど有名になる前は、テレビのテロップやウェブニュースでも勘違いして「大阪なおみ」と書かれるようなことがあったようです。大坂選手の生まれが大阪市だったことも関係しているのでしょうか。



ともあれ、現代では当たり前のように使われている「大阪」という地名ですが、いつ、どうして、昔の「大坂」から「大阪」へと字が変わってしまったのでしょう?



■その昔は「小坂」だった!?



実は、「大阪」という表記が使われるようになったのは、それほど大昔というわけではなく、江戸時代から明治時代にかけての時期のようです。



「おおさか」は、もともとは現在の大阪市の東部、ちょうど大阪城が建っている上町台地の北の端っこあたりを指した地名だとされ、「小坂」と書いて「おざか」や「おさか」と読んでいたといいます。しかし、室町時代に浄土真宗を民衆に大きく広めた本願寺8世の蓮如(れんにょ)上人が「小より大のほうが縁起がよい」と言ったことで、「大坂」と書くようになり、読み方も「おおざか」と読むようになった、という説があります。



その後、豊臣秀吉が自ら建てた城を「大坂城」と名付けたことで、「小坂」ではなく「大坂」という表記が一般的になっていきました。そしてさらに時代は流れ、江戸時代になると、「大坂」と「大阪」の2つの表記が混在して使われるようになってきたようです。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年8月24日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。