空気が読めない行動への「周囲の冷たい反応」を教える指導に感謝。発達障害児の育児奮闘記

■【マンガ記事】まっきーの発達障害アルアル日記



空気が読めない行動への「周囲の冷たい反応」を教える指導に感謝。発達障害児の育児奮闘記

言語発達遅延という発達障害で支援級に在籍中のまっきーを育児中のなおにゃむさん。日々イレギュラーな出来事に奮闘する様子を赤裸々かつ漫画で分かりやすく語ってくれます。



ほわっと癒される発達障害あるあるが満載の、まっきーとママのなおにゃむさんの育児日記の第12話です。



■第12話:先生の指導



空気が読めない行動への「周囲の冷たい反応」を教える指導に感謝。発達障害児の育児奮闘記
 
空気が読めない行動への「周囲の冷たい反応」を教える指導に感謝。発達障害児の育児奮闘記
 
空気が読めない行動への「周囲の冷たい反応」を教える指導に感謝。発達障害児の育児奮闘記
空気が読めない行動への「周囲の冷たい反応」を教える指導に感謝。発達障害児の育児奮闘記
 
空気が読めない行動への「周囲の冷たい反応」を教える指導に感謝。発達障害児の育児奮闘記
 
空気が読めない行動への「周囲の冷たい反応」を教える指導に感謝。発達障害児の育児奮闘記
空気が読めない行動への「周囲の冷たい反応」を教える指導に感謝。発達障害児の育児奮闘記
 
空気が読めない行動への「周囲の冷たい反応」を教える指導に感謝。発達障害児の育児奮闘記

なおにゃむさんは、「言語発達遅延」という発達障害をもつ小学4年生のまっきーのお母さん。まっきーのように支援級に在籍する子ども達は、一般的に、交流学級の時以外は主に支援級担当の先生の指導を受けることになります。K口先生は、まっきーの通う小学校で支援級を指導してくださっている先生のひとり。



とある日の昼休み。支援級の子ども達が、K口先生を囲んでおしゃべりをしていました。共通の話題で盛り上がっていると、おしゃべりに参加していた高学年のA君が突然、「〇〇線の〇〇駅なんだよ~。」と全然関係のない話を始めました。ちょっと微妙な雰囲気になる子ども達。



すると先生は、「急にどうした?」と、Aくんに問いかけます。いかにもムッとした表情をしながら、口調もちょっと厳しめ。それを見たA君は、「あっ」という表情。…どうやら、自分がその場にふさわしくない発言をしてしまったということに気がついたようです。



しかし、A君が空気を読まずに、全然関係のない話を始めてしまうのはいつものこと。K口先生にもそれはよくわかっています。それにも関わらず、先生がこのような反応をするのは、実は『演技』をしているから。世間一般の人が、こういう場合にしそうな反応を、わざとA君に対して見せていたのです。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2019年8月30日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら