「子育て」と「介護」のダブルケアで家庭崩壊? 3つの問題点と対処法

「子育て」と「介護」のダブルケアで家庭崩壊? 3つの問題点と対処法
       

最近少しずつ認知度が上がってきている「ダブルケア」という言葉、ご存知ですか。育児と介護が同時にやってくることを言います。最近は、初婚年齢も上がって子どもが生まれる頃に親の介護が必要になってしまうこともあるようです。



そういう事態に陥ると、時間的にも経済的にも大変なことになってしまいますよね。そこで今回は、「ダブルケア」という状況に陥ったときにどうしたらいいかを考えてみましょう。



■ダブルケアってどういう状態?



そもそもダブルケアとはどういう状況なのでしょうか。内閣府男女共同参画局が公表している「育児と介護のダブルケアの実態に関する調査報告書」によると、「晩婚化・晩産化等を背景に、育児期にある者(世帯)が、親の介護も同時に担う」状況を指すとされています。



このダブルケア、わたしたちにとってもそれほど遠くない問題。同調査によると、ダブルケアを行っている人は約25万人です。ダブルケアを担う可能性がある30~59歳の人口は約4,912万人なので、この25万人がその年代に集中しているとすれば、約200人に1人はダブルケアに追われている計算になります。



今は200人に1人なのでまだ実感がないかもしれませんが、この先どんどんダブルケア人口は増えていくことが予想されます。200人に1人ではなく、100人に1人、50人に1人、10人に1人と、どんどん自分たちの問題になっていくかもしれません。



ダブルケアを行う人の多くは30~40歳代です。内閣府の「少子化社会対策白書」によると、初婚年齢の平均は2017年時点で夫が31.1歳、妻が29.4歳となっています。1985年と比較すると、夫は2.9歳、妻は3.9歳上昇していて、晩婚化が進んでいることがわかります。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月23日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。