曾祖父に溺愛されて育った父の末路。いまこそ考えたい、「子どもの自主性」の重要性

曾祖父に溺愛されて育った父の末路。いまこそ考えたい、「子どもの自主性」の重要性
       

子どもが中年になったとしても、親からすればいつまでも「子ども」であることは間違いありません。



しかし、親の中には「子どものためだ」といって、何から何まで世話を焼いてしまうケースも少なくありません。



年金を受給できる年齢は一般的に65歳とされていますが、少子高齢化などの影響で年金の財源を確保することが難しくなり、支給開始年齢が引き上げられるとの見方もあります。



先行きが不透明な現代社会、これからを生き抜いていかなければならない子どもたちには、一体どのような力が必要なのでしょうか?



■親の過保護の先にあるものとは?



私の実家は明治の頃から商売を行っていたため、地元でもそこそこ有名な地主として知られています。



自分の代で財を築いたのは私の曽祖父で、父からすると祖父にあたります。



父は待望の長男ということもあり、曽祖父から溺愛されて育ったのだそうです。とにかく全て父のいうことが通る状況だったらしく、父はわがまま放題で我慢を覚えることも少なかったと祖母(父の母)から聞いています。



父は何事も飽きたり嫌になったら逃げ出したりしていたため、ほとんどのことが中途半端。勉強にも興味を示さず、高校はバイク事故で入院したことをきっかけに中退。その後は料理人として独立しましたが、とても経営者と名乗れるレベルではありませんでした。



結局、度重なる起業に次々と失敗し、曽祖父や祖父が築いてきた財をほとんど借金返済に使ってしまうという有様です。


当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月4日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。