「地毛証明書」に賛否!映画『ブラック校則』から考える、「学生の自由」と「大人の責任」

「地毛証明書」に賛否!映画『ブラック校則』から考える、「学生の自由」と「大人の責任」

11月1日より全国の映画館にて上映中の映画『ブラック校則( https://bla-kou.jp/ )』。テレビドラマと、Huluオリジナル( https://www.hulu.jp/black-school-rules )(全4話)も同時進行で放送・配信されており、新しい形の複合的なエンターテインメントに挑戦しているオリジナル作品です。



作品は、タイトル通りブラックな校則がはびこる学校で、その校則を廃止しようと動く高校生の物語です。今回は、映画『ブラック校則』に描かれるようなブラック校則の実態を踏まえ、校則はだれのためのものであるか、何のためにあるのかを考えたいと思います。



■必要以上の制約は「ブラック」な校則である



近年、ニュースなどで度々耳にするようになった「ブラック校則」。さまざまなブラック校則があるなかでも、制服の着方や見た目に関するものが多いとされています。



よく聞かれるのは、髪色を黒に指定する校則です。茶色がかった状態が地毛であっても、黒染めを強要する学校もあるといいます。また、そのまま登校するためには「地毛証明書」などの書類の提出が必要だということです。



映画『ブラック校則』に登場するヒロイン・希央(モトーラ世理奈)もまさに同じ状況で、地毛にもかかわらず、髪の毛が茶色いからと、校門で止められ学校に通うことができませんでした。「地毛証明書」を提出するためには地毛だとわかる幼少期の写真が必要ですが、希央は家庭の事情から、幼少時代の写真がなく提出できていませんでした。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月12日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。