子供に「大麻入りケーキ」!? エリート社員も麻薬中毒で落ちぶれるオランダの実態

子供に「大麻入りケーキ」!? エリート社員も麻薬中毒で落ちぶれるオランダの実態

オランダを訪問する日本人観光客の方々が、よくこんなことを口にするのを耳にします。



「大麻はもう、ここじゃあ一種の嗜好品って感じだよね」「自己管理をちゃんとしてれば、大丈夫なんじゃない?」「そういうの、自由でうらやましいよね」。



確かに、大麻を吸おうが、麻薬を試そうが、すべては個人の自由。ただし、その「自由」は、自己責任と背中合わせでもあるのです。



大麻や麻薬を継続して楽しんでいると自制心が失せてしまうので、自由も何も、人間としてごく当たり前に生きることすら不可能になると、常用者たち自身が警告することもあるほどです。



■誕生日には「大麻入りケーキ」?



大麻は、国内にある指定専門店で購入できます。いわゆる「コーヒーショップ」と呼ばれる店で販売されているのですが、たとえば、小中高校生の通学路にもこうしたコーヒーショップがあったりもするのです。



好奇心旺盛なティーンたちが、大麻に興味を抱かないのだろうか・・・と思いきや、その心配はほぼないそうです。



子供に「大麻入りケーキ」!? エリート社員も麻薬中毒で落ちぶれるオランダの実態

オランダに輸入されている大麻はモロッコ産、タイ産など、原産地によって風味が違うと言われる。(画像提供:フリー画像/Piqsels)




未成年者(18歳未満)の購入こそ禁じられていますが、年長者に依頼して代わりに購入してもらえば常に手に入りますし、隠れてコソコソ吸えばこそのスリルも味わえないので、「つまんない」のだとか。



ただし、気になることもあります。たとえば、子供の誕生日だから特別に!と、大麻樹脂入りのケーキを焼いてふるまったりする非常識な親もいます。子供たちをハイにして、どうしようというのでしょうか。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「観光 + 東京」のおすすめ記事

「観光 + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月6日の経済記事

キーワード一覧

  1. 観光 東京

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。