クレジットカードとデビットカードどちらを使うべき? お得度や節約効果をチェック!

クレジットカードとデビットカードどちらを使うべき? お得度や節約効果をチェック!

クレジットカードはキャッシュレス決済の代表的な存在ですが、最近では様々なキャッシュレス決済の方法があります。その中でもデビットカードは、感覚的にはクレジットカードと似ているものの、どちらを使うべきか迷っている人もいるかもしれませんね。



実際にはクレジットカードは後払いで、デビットカードは即時決済なのですが、利用できるシチュエーションは非常に似通っています。



そこで今回は、どちらのカードを利用するべきかを考えるときのヒントとなるように、クレジットカードとデビットカードそれぞれの特徴について説明していきたいと思います。



■保有率には3.5倍の差がある



JCBが2018年に行った「クレジットカードに関する総合調査」によると、クレジットカードの保有率が84.0%なのに対して、デビットカードの保有率は23.5%と、保有率には約3.5倍もの差があります。



クレジットカードが言わば「老舗」なのに対して、デビットカードが「新興勢力」であることを考えると、保有率に差があること自体はそこまで驚くことではありません。



ただ、クレジットカードを利用している層の中には、好んでクレジットカードを選択しているというよりは、今まで使い続けてきたから何となく…という理由で、クレジットカードを利用している人も一定数いると考えられます。



クレジットカードとデビットカードそれぞれの特徴やメリットを今一度考えたうえで、自分のライフスタイルに照らし合わせてみると、デビットカードの方が使いやすいという人も出てくるかもしれません。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月13日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。