「ゆとり」なし「負担」あり。家計消費を握るワーママの節約方法と収入を得る方法

       
「ゆとり」なし「負担」あり。家計消費を握るワーママの節約方法と収入を得る方法

子どもを育てていると膨らんでくる育児費用。仕事ではなく家事育児に専念しようと思っていた女性も、家計の状況をみて「やっぱり働いたほうが」と悩むことがあるかもしれません。



内閣府の男女共同参画局が発表した「『共同参画』2019年5月号( http://www.gender.go.jp/public/kyodosankaku/2019/201905/pdf/201905.pdf )」のデータによると、出産前に仕事をしていた女性のうち、2010~2014年に第一子出産に伴い退職した割合は46.9%で、一方、仕事を続けた人は53.1%と過半数になっています。



産休が取得しやすい職場もあれば、そうでない職場もあります。産後にもう一度、働きたいと思っていても、保育園は争奪戦。再就職は容易なことではありません。



■一生働いたとしたら得られる収入はどのくらい?



もし働き続けることができたならば、どのくらいの収入を得ることができたのでしょうか。厚生労働省管轄下の労働政策研究・研修機構が公表している「ユースフル労働統計2018 -労働統計加工指標集-( https://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/kako/2018/documents/useful2018_21_p312-356.pdf )」から、女性の生涯年収(2016年時点)を見てみましょう。



【大学・大学院卒業後から60歳まで】


LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月10日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。