共働きで世帯年収1000万円はメリットが多い?損をしない働き方とは

共働きで世帯年収1000万円はメリットが多い?損をしない働き方とは
       

年収1000万円というと、かなり裕福で恵まれた家庭を想像するのではないでしょうか。国庁の「平成30年分民間給与実態統計調査( https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2018/pdf/000.pdf )」によると、1人で年収1,000万円以上稼いでいる人は全体の5%にすぎません。



しかし、共働きならば世帯年収1,000万円も決して夢ではなくなります。厚生労働省「2019年 国民生活基礎調査の概況( https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa19/dl/03.pdf )」(各種世帯の所得等の状況)をみると、世帯年収1,000万円越えは約12%存在し、8世帯中1家庭くらいは1,000万円に届いていることが分かります。しかも、税金面など共働き世帯は得をすることも多いのだとか。



今回は、共働きの世帯年収1,000万円世帯のメリット・デメリットについて迫ります。



■年収1,000万円あると貯蓄はどうなる?



共働きで年収が1,000万円もあれば、貯蓄がしっかりできて家計にも余裕があるイメージをもつかもしれません。金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和元年)( https://www.shiruporuto.jp/public/data/movie/yoron/futari/2019/19crossf001.html )」から、片働きと共働きの金融資産保有額についてみてみましょう。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月26日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。