「40代、久々の妊娠」医師の言葉、職場の温度に感じたとまどいと不安とは?

「40代、久々の妊娠」医師の言葉、職場の温度に感じたとまどいと不安とは?

厚生労働省が毎年公表している『人口動態統計( https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei19/dl/08_h4.pdf )』によると、2019年の総出生数は、86万5,239人(前年度より5万3,161人増加)。これを、母親の年齢別、出生順位別にみてみると、全体に占める割合こそ少ないものの、40歳を超えても妊娠・出産を経験している人が、たくさんいることがわかります。



「40代、久々の妊娠」医師の言葉、職場の温度に感じたとまどいと不安とは?

拡大する



※資料をもとに編集部作成 (総数には、母親の年齢不詳を含む)



今回は、そんな40代で第2子を出産した、Aさんの体験談をご紹介したいと思います。



■41歳、2人目を妊娠で感じた「不安」と「戸惑い」



Aさんは30歳で結婚、2度の流産を経て33歳で長女を出産しました。最初のうちは、自身の年齢のこともあり、「2歳差、せめて3歳差で2人目を」と希望していました。しかし、その後、再び妊娠に至ることはなく、長女を保育園に預けて仕事に復帰。夫婦ともども忙しくなり、2人目が欲しいとは思いつつも、あっという間に時が過ぎていってしまったといいます。



2人目の妊娠に気が付いたのは、Aさんが41歳、長女が小学校5年生になった時のことでした。あれほど切望していた2人目でしたが、Aさんがまず感じたのは「とまどいと不安」だったといいます。



その理由は…



長女の時とは違い、医師から「出生前診断を受けますか?」という質問を受けたからです。医師曰く「この年代の方には、必ず聞くことですので」とのこと。「年齢が上がると、こういうリスクも高くなるのか…」と、まず実感したそう。


当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月4日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。