定年が近づき老後のお金が不安な50代、3人の焦りとその解決策

定年が近づき老後のお金が不安な50代、3人の焦りとその解決策
       

「老後の2,000万円問題」が話題になったり、「老後破綻」という言葉が流行ったりしたことで老後への不安が大きくなったという人もいるのではないでしょうか。



年金がもらえないかもしれない、年金だけでは足りないかもしれない、という危機感は誰もが抱いているもの。特に50代、60代になると老後生活がリアルに近づいてきて、焦る人が多いかもしれません。今回は、そうした不安を抱いている3人に話を聞いてみました。



■50代から貯金しても老後2,000万円に達しない!?



「今からやっと将来に向けた貯金ができるけれど、50歳から老後の貯金を始めて間に合うのか不安」と話すのは、東北地方に住む50代のAさんです。



「子どもが2人いて、その教育資金で家計はギリギリ。2人とも大学卒業を迎えたときには私も妻も50代。もっと産むのが遅かったら、と思うとぞっとする。でも、いまから貯金をしても2,000万円貯まるのかわからない」と嘆きます。



「老後2,000万円問題が騒がれたとき、私たち夫婦も当然他人事ではなかった。地方だからそこまで収入も多くないし、生活費を払いながら貯めていくのには限界がある。妻は子どもが生まれてからずっとパートで、自分もこれから収入が上がる見込みがあるわけではないし、不安が募る一方」と話します。



Aさんは同僚のアドバイスを受け、50代に突入するぎりぎり手前でiDeCo(イデコ)を始めたとのこと。「50代ではもうiDeCoを始めるのは遅いと思っていたけれど、同じ年の同僚が始めたというので自分もやり始めてみた」のだそう。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月30日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。