毎月貯めたい教育費はいくら?理想と現実のギャップとは

毎月貯めたい教育費はいくら?理想と現実のギャップとは
拡大する(全5枚)

日本では少子高齢化が進んでいます。財務省が提供する資料「日本の少子高齢化はどのように進んでいるのか( https://www.mof.go.jp/zaisei/reference/index.html )」によると、約50年後までに、65歳以上人口はほぼ横ばいで推移する一方で、20歳から64歳までの人口は大幅に減少し、高齢化率は10%程度上昇することが見込まれています。



少子化対策のひとつが、児童手当です。今回は、株式会社インタースペース調べ「『子どもの教育費と児童手当』に関する実態調査( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000192.000013544.html  )」を参考にして子育てにかかるお金について紐解いていきましょう。



なお、今回の調査対象は第一子のお子さんを妊娠中、未就学児~中学生のママ1,000人以上です。



■76.3%のママが「教育費がいくら必要になるか分からないから不安」



毎月貯めたい教育費はいくら?理想と現実のギャップとは

第一子のお子さんを妊娠中、もしくは第一子が未就学児~中学生のママに対して「教育費に関して不安があるか」という質問をしたところ、85.9%のママが不安を感じていました。



その理由として最も多かったのが、「教育費がいくら必要になるか分からないから(76.3%)」です。その他、「収入が維持できるか分からないから(49.3%)」「貯蓄が苦手だから(27.3%)」という理由も挙げています。


この記事の画像

「毎月貯めたい教育費はいくら?理想と現実のギャップとは」の画像1 「毎月貯めたい教育費はいくら?理想と現実のギャップとは」の画像2 「毎月貯めたい教育費はいくら?理想と現実のギャップとは」の画像3 「毎月貯めたい教育費はいくら?理想と現実のギャップとは」の画像4
「毎月貯めたい教育費はいくら?理想と現実のギャップとは」の画像5

当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月19日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。