「お金が貯まらない人」の4つの特徴【FPは見た!】

「お金が貯まらない人」の4つの特徴【FPは見た!】
拡大する(全1枚)

緊急事態宣言が解除され、世の中は「コロナ後」に向けて始動してきた感がみられます。リベンジ消費なる言葉も頻繁に耳にするようになりました。そんな今こそ「貯蓄」への意識も再確認したいものです。



FPとしてお金の相談を受けていると、お金が貯まらない人の共通項が見えてきます。その人の性質や習慣がお金を貯める行動とは真逆に作用してしまうのです。



そこで「お金が貯まらない人」の特徴とそれを改めるにはどうしたらいいのか、改善策も提示したいと思います。お金が貯まらない人からお金が貯められる人にステップアップしましょう。



■特徴その1.買ったものの値段を覚えていない



貯金ができていない人は、何にいくら使ったのかを把握していない人が多いです。



今、身の回りにあるものを見渡してみましょう。それらをいくらで買ったか覚えていますか?



きちんと覚えている人は、購入した時に、しっかりと考えて買った人です。買った途端に値段を忘れる人は、値段に対する意識が薄いことの表れです。お金に無頓着ともいえます。



値段を気にせずに買い物ができるほどの大富豪でない限り、買い物をする時には欲求のコントロールが必要です。世の中には消費活動を活発にするための情報が溢れているので、欲求のコントロールができない人の出費はずるずると膨らんで留まることはありません。



■◆どうしたらいい?



これはよくいわれることですが、買い物をする時に、必要なもの(needs)か、欲しいもの(wants)か、を意識することです。“必要なもの”であれば、それほど考えずに購入しても問題ありません。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク