「吉牛(よしぎゅう)」の愛称で知られる吉野家は、牛丼チェーン店のパイオニア的存在。定番メニューのどんぶりものをイッキにかきこむイメージが強いかもしれません。



しかし、しかし実は、牛丼よりもお得に食べることができる「牛皿」も隠れた人気者。



今回は、吉野家で「あえて牛皿を選ぶ」理由を、3つの推しポイントとおススメ食べ方を交えながらお伝えしていきます!



【※関連記事】牛丼・吉野家「アタマの大盛とは?」通が愛するガッツリサイズ、おススメ食べ方3選をレポート( https://post.limo.media/articles/-/27303 )



■吉野家・牛皿定食「3つの推しポイント」



いつもの「牛丼欲」はあえて封印。「牛皿定食」をオーダーしてみよう!



吉野家で「あえて牛皿定食を選ぶ」3つの推しポイント&おススメ...の画像はこちら >>

写真:LIMO編集部



吉野家の創業から牛丼と共に販売を続けてきた「牛丼の具」だけの商品「牛皿」を定食にした「牛皿定食」です。「牛皿」に、ご飯・玉子・みそ汁がついてます(吉野家ホームページより)。



つまり、牛丼のように、ご飯の上に牛肉をのせるのではなく、牛丼の牛肉部分だけ食べたい!という人におすすめの商品です。牛丼ではなく牛皿にする3つの理由について解説していきます。



■1.単品の組み合わよりもおトク!



吉野家のホームページにもある通り、牛皿にご飯、生卵と味噌汁を別々で頼むよりも定食の方がお得になります。



牛丼との大きな違いは、ご飯がおかわり自由である点(※一部店舗を除く)。牛肉や卵をおかずにして何杯も食べられるので、たくさん食べる方にとっては非常に嬉しいサービスです。



■2.白米を「キレイに食べたい人」は嬉しい!



白米好きな人は牛丼よりも牛皿でいただくのがおすすめです。



当然ですが、牛丼はご飯の上に牛肉をのせるのでつゆが落ちます。白米につゆが染み込む「べたつき感」が気になる人も中にはいるでしょう。



そこで、「白米は、キレイなままで食べたい!」という人には牛皿がお勧めです。



※もちろん、おつゆが染み込んだご飯をかき込む、「つゆだく大好き!」さんが多数いることも当然承知の上で……。



■3.いろんな食べ方で楽しめる!



牛皿にはさまざまな食べ方が存在します。牛丼はキムチや生卵などをトッピングして楽しめます。でも、「ご飯の上に乗った牛肉をかき込む」という一種類の食べ方しかありません。丼ものですから。



でも、牛皿はアイデア次第で無限の食べ方が存在します。次で、じっくり味わいながらご紹介していきましょう!



■吉野家・牛皿定食「おススメ食べ方5選」レポート



注文は「牛皿定食つゆだく」で頼みます。ここはあえて「つゆだく」で。ワケはあとでお話しします。



■①まずは牛肉とご飯で食べる



味噌汁を軽く飲んであと、まずは通常通りに牛肉をおかずにご飯を食べます。つゆがご飯に浸ってないので白米本来の味が楽しめます。



■②牛肉を卵につけてすき焼き風に



卵で味わう「すき焼き風」



吉野家で「あえて牛皿定食を選ぶ」3つの推しポイント&おススメ食べ方

写真:LIMO編集部



牛肉を卵につけて食べればすき焼き風に。牛本来の旨さと、卵の甘味が加わってよりマイルドで濃厚な味わいが実現。うーん、おいしゅうございます。



■③特製TKG(卵かけご飯)の完成



卵の中に「つゆ」を投入。つゆだくにした理由はコレ!



吉野家で「あえて牛皿定食を選ぶ」3つの推しポイント&おススメ食べ方

写真:LIMO編集部



そして「特製TKG(卵かけご飯)」ができるのだ。



吉野家で「あえて牛皿定食を選ぶ」3つの推しポイント&おススメ食べ方

写真:LIMO編集部



つゆだくにした理由は卵の中につゆを投入するためです。



味が染み込んだつゆを、卵と混ぜ合わせることで、さらに濃厚で深い卵かけご飯が食べられます。醤油で食べる卵かけご飯よりも、旨味が多いので、より濃厚な卵かけご飯が完成します。



■④卵かけご飯と牛肉を食べる



牛on the TKG!



吉野家で「あえて牛皿定食を選ぶ」3つの推しポイント&おススメ食べ方

写真:LIMO編集部



特製卵かけご飯と牛肉を一緒に食べれば、卵の濃厚な味わいがつゆによってさらに深くなり、そこに牛肉の旨味が加わるので、口の中が何十もの混ざり合った風味や旨味が駆け回ります。



■番外編:お新香+七味=最強の卵牛丼の完成



番外編「お新香と七味で引き締める!」



吉野家で「あえて牛皿定食を選ぶ」3つの推しポイント&おススメ食べ方

写真:LIMO編集部



お新香とのマリアージュもなかなかのもの。歯応えを楽しみましょう。最後食べ終わる頃には口元がさっぱりとした味わいになるのも大きな特徴です。



■カスタマイズ牛皿を楽しもう!



今回は吉野家で「あえて、牛皿を選ぶ理由」とともに、おいしい食べ方についてもレポートしました。牛「丼」とは違う楽しみ方ができます。



吉野家の「牛皿定食」の価格・カロリーは以下の通り。



  • 並盛 548円(税込 602円) 722kcal
  • 大盛 648円(税込 712円) 780kcal
  • 特盛 748円(税込 822円) 951kcal

カスタマイズ次第で無限の食べ方が存在する牛皿定食。「腹具合&お財布具合」に合わせたサイズを上手にチョイスして、自分なりの食べ方を見つけてみてくださいね。



■参考資料



  • 吉野家「牛皿定食」( https://www.yoshinoya.com/menu/set/gyusara-teisyoku/ )