寝ているダンナの指でスマホの指紋認証を解除!? 「生体認証」の落とし穴

■ビジネス、今日のひとネタ



寝ているダンナの指でスマホの指紋認証を解除!? 「生体認証」の落とし穴

お金や個人情報に関するサービスや機器、会社の施設や企業秘密など、さまざまな場面でセキュリティ対策が重要になっている今日このごろ、手軽でセキュリティも高い方法として「生体認証システム」が数多く使われています。ご存じのように、顔や指紋、指の静脈、瞳の中の虹彩(こうさい)のパターンなど、個人特有の情報でその人を特定することで、単なるパスワードより頑丈なセキュリティを実現しているものが多々あります。



こうした生体認証システムは、これからさらに利用シーンや利用方法が増えていくと予測されていますが、一方で、システムの弱点や大きな問題点が見つかっているものもあるようです。



■耳の形や目の網膜、匂いでも



iPhone Xが発売された際に、持ち主の顔で認証できるという「Face ID」は話題になりましたが、いまやスマートフォンでも指紋認証などが搭載されているものは珍しくありません。個人情報が詰まったものだけに、セキュリティは非常に重要なんですが、使うたびにいちいち4桁や6桁のパスコードを入れるのは面倒。ワンアクションで個人が認証できるほうがラクですし、漏れる危険性も少ないため、生体認証が使われるという側面があります。



もちろん生体認証システムには、ほかにも数多くの種類があります。個人特有の情報は指や顔だけではありません。現在、私たちの体のさまざまな部分を使った認証システムが開発されています。

...続きを読む

あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る 2018年5月17日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。