ママ友同士のマウンティング、その実態と対処法を徹底紹介!

ママ友同士のマウンティング、その実態と対処法を徹底紹介!
       

女性が集まれば必ず始まるといっても過言ではないのが「マウンティング」。ママ友の世界でも例外ではありません。夫の職業や住んでいるエリア、子供の成績などで優劣をつけたがるママは一定数いるのです。



最悪の場合、本人だけでなく子供の交友関係にまで悪影響を及ぼしてしまうママ友マウンティング。その恐るべき実態と、愛する家族や自分をマウンティングから守るための対処法をご紹介します。



■実例その1:夫の職業を鼻に掛ける



5歳の男の子のママ、Aさん(32歳)。子供が通う私立幼稚園は、ママのためのサークルがいくつかあります。お菓子作りが好きなAさんは何も考えず、園のお菓子サークルに参加しました。



しかし、このサークルがクセモノ。サークルの会長は、夫が市会議員をしている園でも有名なボスママ。副会長、会計のママも夫が医師だったり、弁護士だったり…。入会してすぐの茶話会で、Aさんたち新入会員は「ところで、ご主人の職業は?」と聞かれたのだとか。何も考えずに「会社員です」と答えると、「え! ヒラ?」と聞かれて絶句したのだとか。



その場は「主人は一切仕事の話はしないので…」と言葉を濁してしのいだそうですが、そこからが地獄。週に1回のサークル活動の日にはお菓子を作った後にみんなで食べるのですが、そこでは必ず夫の仕事の話が話題に。



「会長のご主人、新聞に載っていらっしゃいましたね」「市議会だより、読みましたよ」などと、取り巻きがボスママにゴマスリ。そのあとに、Aさんたち会社員ママに向かって「ご主人が時間をたくさんとれる家庭がうらやましいわ。この前も幼稚園行事に来ていらしたでしょ? 代わりがいる仕事をしている人はストレスもないんでしょうね」などとチクリ。


あわせて読みたい

LIMOの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年8月20日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。