トランプ再選確率は?先読み!米大統領選とマーケット

トランプ再選確率は?先読み!米大統領選とマーケット

米大統領選挙と株式市場

 米大統領選挙は4年ごとに行われます。過去に大統領選があった年のS&P500株価指数の月次パフォーマンスを累積的に示すと下のチャートのようになります。


図:大統領選挙の年のS&P500株価指数(1944~2016年)


トランプ再選確率は?先読み!米大統領選とマーケット
単位:%
出所:ストックトレーダーズ・アルマナック

 このチャートから分かることは、大統領選挙の年は平均して+6.94%であり、まずまずのパフォーマンスが期待できるということです。現職大統領が勝つシナリオではパフォーマンスはさらに良くなることが分かります。


 逆に現職が敗北するケース(グレー)では1月・2月と9月・10月にマーケットが下げているのです。


 一般論として、経済が良く、株式市場も高いときは現職が有利であり、逆に経済が悪いときは大統領を出す政党が入れ替わることが多いです。


 それをもう少し詳しく見てみましょう。


米大統領選の年の過去のS&P500株価指数パフォーマンスは?

 下の表は過去の米大統領選の年の毎月のS&P500株価指数のパフォーマンスを示しています。緑でハイライトした部分は特に月次パフォーマンスが良かった月、逆に赤でハイライトしたのは特に酷いパフォーマンスだった月です。


大統領選の年のS&P500株価指数の月ごとパフォーマンス


トランプ再選確率は?先読み!米大統領選とマーケット
出所:ストックトレーダーズ・アルマナック

1976年の米国株式市場は?

 勝者:ジミー・カーター(民主党)


 1976年の米国株式市場のパフォーマンスは、+19.1%でした。株式市場が好調だった理由は二つあります。まず1973年に第1次オイルショックがあり、1973年のS&P500株価指数が▲17.4%、1974年が▲29.7%と2年続きで酷い相場だった後を受け、1975年には大きな自律反発の相場があったことが指摘できます。1975年のS&P500株価指数は+31.5%でした。


あわせて読みたい

トウシルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月7日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。