株投資で狙うは成長株か?割安株か?

株投資で狙うは成長株か?割安株か?

 株式投資の手法に、成長株(グロース株)投資割安株(バリュー株)投資の2つがある。


 成長株とは、毎年、売上高や利益が伸びて会社が大きくなり、株価もどんどん上昇するタイプ。「夢に賭けて大きくもうけたい」投資家がねらう。


 これに対し、割安株は、業績が安定していて利益も着実に出しているものの、その実力より株価が安い株。「配当利回りも高いし、悪くない株だから、気長に株価上昇を待とう」といった「オトク感」を求める投資家に人気だ。


 そこで、楽天証券経済研究所チーフ・ストラテジストの窪田真之が、成長株でありながら割安株でもある株の魅力と、銘柄探しのワザを、投資初心者に分かりやすくお伝えする。


割安株?成長株?それっておいしいの?

 投資初心者にとっては、成長株、割安株といっても具体的なイメージが湧きにくいもの。25年間にわたってファンドマネージャーを務め、さまざまな成長株、割安株にも投資してきた窪田。典型的な割安株として、たばこメーカー・ JT(2914) の名前を真っ先に挙げた。


「トウシルでJT株を取り上げると『喫煙者がどんどん減っているのに大丈夫ですか?』と質問されます。でも喫煙者が減った分、たばこの価格を値上げしているので、営業利益率は実に前期(2019年12月期)も23%と収益力は力強いものがあります。ただ、海外たばこ事業が円高で不振だったため、11%の減益になりましたが、それでも前期は1株あたり4円も増配(配当金を増やすこと)しました。たばこ産業はほとんど独占企業で競争相手が少なく、財務内容が非常にいいからこそ、減益でも増配できる。にもかかわらず株価の下落が続いています。つまり投資家に嫌われている、これも割安株の立派な条件の一つなんですよ」(窪田)


あわせて読みたい

トウシルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月26日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。