市場予想大ハズレ! 米雇用統計、5月は250万人も増加! 
拡大する(全6枚)

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]上値メドは110.77下値メドは108.30

今朝の天気マークは「晴れ」


※天気の判定基準は記事末尾にあります


雇用復活は本当?
あの人に聞いてみよう…


 BLS(米国労働統計局)が6月4日に発表した5月の非農業部門雇用者数は250.9万人増加し、失業率は13.3%に低下しました。


 労働市場の大幅な改善は、新型コロナウイルス感染封じ込めのために3月と4月に抑制されていた経済活動が、限定的ながらも再開されたことを反映しています。5月の雇用では、レジャー・接客業、建設業、教育・保健サービス業、小売業で大幅に増加。


 対照的に、政府機関の雇用は大幅な減少が続いています。また、3月と4月の非農業部門雇用者数は下方修正となり、合わせて64.2万人の減少。失業率は13.3%で、2月以降9.8ポイント上昇。失業者数は2,100万人となりました。5月の平均時給は4月に比べて1.0%下がりました。平均時給の低下は、低賃金労働者の仕事の増加が主な理由と考えられます。


  雇用統計詳細レポート(「米、5人に1人が失業する時代。アメリカ経済は、良くなる前にもっと悪くなる」) に書いたように、マーケットの考えは、「米雇用市場(米経済)は底を打った」という方向に向いていました。とはいえ、これほどの結果になるとはだれも予想していませんでした。今週10日に開かれるFOMC(米連邦公開市場委員会)で、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長の見解を、ぜひ聞きたいと思います。


この記事の画像

「市場予想大ハズレ! 米雇用統計、5月は250万人も増加! 」の画像1 「市場予想大ハズレ! 米雇用統計、5月は250万人も増加! 」の画像2 「市場予想大ハズレ! 米雇用統計、5月は250万人も増加! 」の画像3 「市場予想大ハズレ! 米雇用統計、5月は250万人も増加! 」の画像4
「市場予想大ハズレ! 米雇用統計、5月は250万人も増加! 」の画像5 「市場予想大ハズレ! 米雇用統計、5月は250万人も増加! 」の画像6