株式投資デビューしたら「貸株」も要検討。「貸株金利」を得ながら株式投資

株式投資デビューしたら「貸株」も要検討。「貸株金利」を得ながら株式投資
拡大する(全3枚)

 やっと秋らしい日々になってきました。皆さま、いかがお過ごしですか。今日は、貸株について、ぜひ知っていただきたいことを、お伝えします。


 コロナ危機の日本株暴落局面で、株式投資を始める個人投資家が増えました。株式投資デビューと同時に、「貸株(かしかぶ)」も始めるべきと思います。


 そこで今日は、「貸株サービス」を解説します。貸株のメリットとデメリットを、きちんと理解して始めるべきです。以下、要約です。


<貸株(かしかぶ)のメリット>

●お持ちの株式を、貸株に出すと、貸株金利が得られます。
●貸株中の銘柄もいつでも売却可能です。普通に売り注文を入れるだけです。


<貸株のデメリット>

●貸株をしたままだと、配当金や株主優待が得られません。ただし、以下の方法をとれば、貸株をしながら、配当金や株主優待も得られます。
 →「株主優待・予想有配優先」を選択して貸株を行えば、権利確定日だけ、自動的に貸株が皆さまに返却されますので、優待・配当金を得られます。
継続保有特典つきの株主優待銘柄を長期保有している場合、その銘柄は貸株をしない方が無難です。「株主優待・予想有配優先」で貸株をしていても、継続保有特典が失われる可能性があるからです。ただし、継続保有特典ありの銘柄を200株以上保有している場合は、100株だけ貸し出さずに、残りを貸株に出すことを検討すべきです。


長期保有銘柄は、貸株(かしかぶ)に出して、貸株金利を得た方がいいと思います


この記事の画像

「株式投資デビューしたら「貸株」も要検討。「貸株金利」を得ながら株式投資」の画像1 「株式投資デビューしたら「貸株」も要検討。「貸株金利」を得ながら株式投資」の画像2 「株式投資デビューしたら「貸株」も要検討。「貸株金利」を得ながら株式投資」の画像3

当時の記事を読む

トウシルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月26日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。