ドル/円、今週いよいよ「安値更新」か? マーケットの材料はこれだ!
拡大する(全6枚)

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]上値メドは104.05下値メドは102.60

今朝の天気マークは「くもり」


※天気の判定基準は記事末尾にあります


ドル安、小休止


 18日(金曜日)のマーケットは、ドル売りの流れが少しだけやわらぎ、ドルは買い戻されました。ドル/円は103.11円でオープンして安値は103.06円。そこから103.59円まで上昇してこの日の高値をつけました。終値は103.31円。


 先週のドル/円は、9カ月ぶりのドル安/円高水準となる102円台に突入して一時102.87円まで下げました。今年の安値は3月9日につけた101.17円。この時は新型コロナ感染が世界的に広がるなかで原油先物価格が急落、米株式相場は暴落してサーキット・ブレーカーが発動。金融市場の大混乱で投資家が守りの姿勢に入り円が買われました。その安値を果たして更新するのか、というのが今週の焦点になります。


 材料は米国の追加景気刺激策。9,000億ドル(約93兆円)という規模で、成立したならマーケットのセンチメントが大きく動く可能性があります。米議会では最終段階の駆け引きが続いています。


 この日はユーロ/ドルも調整モードで、1.2271ドルを高値に1.2226ドルまで下落。ポンド/ドルは1.3589ドルから1.3471ドルまで下げましたが、こちらはドル買いというよりもブレグジット交渉のこう着を嫌気したポンド売りの要素が強かったようです。週明け月曜朝のポンドは、英国で拡大するコロナウイルス変異種の報道を嫌気して下落。欧州各国は、英国からの航空機乗り入れの禁止を発表しています。


この記事の画像

「ドル/円、今週いよいよ「安値更新」か? マーケットの材料はこれだ!」の画像1 「ドル/円、今週いよいよ「安値更新」か? マーケットの材料はこれだ!」の画像2 「ドル/円、今週いよいよ「安値更新」か? マーケットの材料はこれだ!」の画像3 「ドル/円、今週いよいよ「安値更新」か? マーケットの材料はこれだ!」の画像4
「ドル/円、今週いよいよ「安値更新」か? マーケットの材料はこれだ!」の画像5 「ドル/円、今週いよいよ「安値更新」か? マーケットの材料はこれだ!」の画像6