マーケットに何が起きている?米金利安でドル高。円安も黄信号か
拡大する(全6枚)

今日のレンジ予測

[本日のドル/円]上値メドは111.30下値メドは110.05

中国の人口は10年以内にピーク。労働人口は6,000万人以上減少か

 6日(火曜)のドル/円は「円高」。高値110.97円、安値110.52円、1日の値幅は0.45円。 
この日は110.91円からスタート。高値は111円に届かず、東京の朝イチでつけた110.97円まで。欧州時間朝に111円を完全に抜けると、そのまま110.52円まで下落。戻る勢いも弱く終値は110.62円(前日比▲0.35円)。


 円安ブレークアウトの起点となった111円に届かなかったことは、あまりよい傾向とはいえません。とはいえ、110.50円以下にはドルを買いそびれた人のオーダーが待ち構えているので、急落も今のところはなさそう。


 ドル/円下落の背景には米長期金利の下落といわれています。2.0%へ向って上昇するはずの米金利が、この日は1.35%台まで低下。その米長期金利の下落は、6月の米非製造業ISMといわれています。重要な景況指数である非製造業ISMは予想より悪かったのですが、米長期金利の下落は発表前から始まっていたので、加速はさせましたが、原因ではありません。


 6月ISMの詳細を見ると、飲食店が人手不足で時短営業を強いられている、あるいは原材料の不足で建設作業に遅れがでているなどが報告されています。景気ピークアウトどころか、今後のインフレ上昇、金利上昇を予感させる状況です。


この記事の画像

「マーケットに何が起きている?米金利安でドル高。円安も黄信号か」の画像1 「マーケットに何が起きている?米金利安でドル高。円安も黄信号か」の画像2 「マーケットに何が起きている?米金利安でドル高。円安も黄信号か」の画像3 「マーケットに何が起きている?米金利安でドル高。円安も黄信号か」の画像4
「マーケットに何が起きている?米金利安でドル高。円安も黄信号か」の画像5 「マーケットに何が起きている?米金利安でドル高。円安も黄信号か」の画像6