二輪大国イタリア「オートバイで装甲車」作る 速さと小回り両立 廃れた理由はごもっとも?

二輪大国イタリア「オートバイで装甲車」作る 速さと小回り両立 廃れた理由はごもっとも?
       

第2次世界大戦中、イタリアでオートバイの操縦・走行装置を用いた4輪装甲車が誕生しました。画期的な車輪配置と高い機動性を持っており、実車まで製造されたものの、量産されずに終わったのは、もっともな理由でした。

オートバイから発想 摩訶不思議な4輪式装甲車とは

 1930年代から1940年代前半にかけて、イタリア軍はいくつもの装輪装甲車を開発し第2次世界大戦で多用しました。その一環で、秘密裏に機動性重視の小型軽量な4輪装甲車の研究も進め、小回りを重視してベースにオートバイを用いた珍車も開発しています。一体どのような装甲車なのでしょう。

二輪大国イタリア「オートバイで装甲車」作る 速さと小回り両...の画像はこちら >>

「ヴェスパ・カプロニ」4輪装甲車の試作1号車「R.E.769B」。独立懸架の前後輪で急旋回も可能で、地面には180度旋回したタイヤ跡が残っている(吉川和篤所蔵)。

 そもそも、イタリアで装輪装甲車が発達したのは、国内の道路網が整備されていたからです。そのためイタリアではオートバイの軍事使用自体が盛んで、他国でよく見られるようなサイドカー付き以外にも、後部に台車を取り付けた三輪オートバイが多用されており、車体に8mmブレダM37型重機関銃を搭載して対空機銃車を兼ねた武装強化タイプなども開発されました。

 そこで、オートバイに似た操縦・走行装置を用いた新構造の装甲車を設計したのは、当然の成り行きだったのかもしれません。それは1930(昭和5)年にオッタヴィオ・フスカルド技士が取得した特殊4輪装甲車の特許に基づくものでした。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月22日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。