横須賀~北九州の新フェリーどうなる? ターミナル巡り対立 船は先行デビュー決定も

横須賀~北九州の新フェリーどうなる? ターミナル巡り対立 船は先行デビュー決定も
拡大する(全2枚)

2021年7月就航が予定されている横須賀~北九州間の「東京九州フェリー」。その新造船が新日本海フェリーで先行デビューすると決まった一方、横須賀ではターミナルをめぐっていざこざが起きています。状況はどうなのでしょうか。

新造船は新日本海フェリーで先行デビュー

 2021年7月の就航が予定されている横須賀~北九州(新門司)間の「東京九州フェリー」をめぐる状況が、にわかに慌ただしい動きを見せています。

 2020年12月には、同航路に投入する新造船「はまゆう」の先行デビューが明らかになりました。グループ会社である新日本海フェリーの関西~北海道航路で、既存船のドック入りにともなう代替として、2021年3月から運用される予定です。

「はまゆう」は全長222.5m、トラック約154台、乗用車約30台を積載できる大型カーフェリーで、新日本海フェリーによると、その後は予定通り東京九州フェリーの就航用に投入するといいます。

横須賀~北九州の新フェリーどうなる? ターミナル巡り対立 船...の画像はこちら >>

三菱重工業 長崎造船所で2020年8月に行われた「はまゆう」命名進水式の様子(画像:新日本海フェリー)。

 一方、横須賀では建設中のターミナルをめぐり、港湾関係者や地元住民と市が対立していることが報じられています。

 横須賀側のターミナル予定地「新港ふ頭」は、市街地に近く、京急の横須賀中央駅からも歩ける距離です。「記念館三笠」からすぐ近くの海に突き出た埠頭、というとピンと来る人もいるかもしれません。ここは現在、主に自動車輸出の拠点として使われており、船積みを待つ乗用車がズラリと並ぶ光景も見られます。


この記事の画像

「横須賀~北九州の新フェリーどうなる? ターミナル巡り対立 船は先行デビュー決定も」の画像1 「横須賀~北九州の新フェリーどうなる? ターミナル巡り対立 船は先行デビュー決定も」の画像2

当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月24日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。