懐かしの「日本エアシステム(JAS)」跡 廃港になった旧種子島空港のいま

懐かしの「日本エアシステム(JAS)」跡 廃港になった旧種子島空港のいま

ジャルパックとJACが実施した「DHC8-Q400退役ツアー」で、廃港になった「旧種子島空港」を見学。JALに統合された「JAS」の痕跡が、いまなお残っていました。

2006年に廃港

 ジャルパックとJAC(日本エアコミューター)が「JAC ボンバルディアDHC8-Q400 退役チャーターツアー2日間」を開催。2日目の2018年12月2日(日)には、2006(平成18)年3月まで使用されていた旧種子島空港(鹿児島県中種子町)を訪問しました。

懐かしの「日本エアシステム(JAS)」跡 廃港になった旧種子...の画像はこちら >>

旧種子島空港に残されている、ターミナルビルとして使われた建物(2018年12月2日、伊藤真悟撮影)。

 旧種子島空港は、現在の種子島空港から南西に約8kmほど、中種子町の市街地に隣接する場所に位置します。1962(昭和37)年7月に使用開始。当初は滑走路の長さが1100mでしたが、1973(昭和48)年に1500mへ延長しています。廃止直前には、鹿児島空港や伊丹空港との定期便が就航していました。

 滑走路の長さが1500mと短くプロペラ機しか就航できないことから、鹿児島県は1994(平成4)年より、小型ジェット機が就航できる2000mの滑走路を持つ空港を種子島に建設。2006(平成18)年3月に開港したのが現在の種子島空港です。これにより旧種子島空港は廃港となりました。

懐かしの「日本エアシステム(JAS)」跡 廃港になった旧種子島空港のいま

ロケット型の塔。
懐かしの「日本エアシステム(JAS)」跡 廃港になった旧種子島空港のいま

旧種子島空港の誘導路。
懐かしの「日本エアシステム(JAS)」跡 廃港になった旧種子島空港のいま

現在の種子島空港。

 旧種子島空港に到着したツアー一行は、ターミナルビルとして使われた建物や照明塔、誘導路などの空港施設、駐車場などを見学。建物の受付カウンターだった場所の壁面には、「日本エアコミューター」と、2000年代にJAL(日本航空)へ統合された「日本エアシステム(JAS)」の文字が分かる看板の跡も残されていました。個人で楽しむ以外、建物内の撮影ができなかったため写真はありませんけれども、それだけにツアー参加者には貴重な機会になったことでしょう。

 現在、旧種子島空港は管制塔が撤去され、空港としての機能は持ちませんが、自衛隊の演習に使用され、10月には陸上自衛隊と米海兵隊との共同訓練にも使用されています。また、アニメ聖地巡礼のスポットとしても有名です。

当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月18日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。