スカニア製2階建てバス茨城へ 高速バス鹿島神宮~東京テレポート線に導入 関東鉄道

スカニア製2階建てバス茨城へ 高速バス鹿島神宮~東京テレポート線に導入 関東鉄道
拡大する(全1枚)

茨城県の事業者で初の2階建てバスだそうです。

 関東鉄道(茨城県土浦市)が2019年7月24日(水)から、鹿島神宮駅(同・鹿嶋市)と東京テレポート駅(東京都江東区)を結ぶ高速バス路線で、スカニア社(スウェーデン)製新型2階建てバスの運行を開始します。

スカニア製2階建てバス茨城へ 高速バス鹿島神宮~東京テレポー...の画像はこちら >>

関東鉄道が導入する新型2階建てバス。潮来営業所へ2両配備(画像:関東鉄道)。

 導入される車両は2階に48席、1階に10席および1人分の車いすスペースを配置。乗車定員は59名と、従来の車両に比べ約1.5倍になるといいます。このバスの導入は、茨城県内のバス事業者で初めてだそうです。

 関東鉄道は導入理由について、運行区間である茨城県鹿行(ろっこう)地区に2020年「東京オリンピック・パラリンピック」のサッカー会場となる「茨城県立カシマサッカースタジアム」があることから、バリアフリーの促進や、今後予想される利用客の増加に対応するためとしています。2階建てバスの1階は通常のノンステップバス(入口付近に段差のない路線バス車両)のように車いすでの乗車も比較的容易なことから、バリアフリー化を目的として、この2階建てバスを高速バス路線に導入するケースがあります。

 なお、鹿島神宮~東京テレポート線は1日4往復の運行で、乗車には事前予約が必要です。途中、鹿嶋市役所、水郷潮来、海浜幕張駅、東京ディズニーリゾートなどに停車します。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク