高速バス、なぜ女性利用率が高いのか? 女性向けサービスだけでは説明つかぬ理由
拡大する(全2枚)

高速バスはほかの交通機関と比べて、女性の利用率が高いというデータが存在します。バス会社によっては利用者の7割が女性というケースもあり、女性専用席、女性専用車などのサービスも導入されていますが、それだけでは説明がつかなさそうです。

「女性専用車」も登場する背景

 高速バスは、ほかの公共交通機関に比べ、女性の利用率が高いというデータがあります。

 国土交通省が5年に1度実施している「全国幹線旅客純流動調査」第5回(2010年調査)のパンフレットによると、航空、鉄道における女性の利用率は平日で3割前後、休日は40%台後半ですが、幹線バス(高速バスなど、都道府県をまたいで走る路線バス)においては、平日でも女性の利用が54.2%、休日は57.2%を占めるそうです。航空や鉄道と幹線バスとのあいだには、女性の利用率に明確な差が存在します。

高速バス、なぜ女性利用率が高いのか? 女性向けサービスだけで...の画像はこちら >>

ウィラーの3列シート「ラクシア」搭載車両。同社は利用者の約7割を女性が占めるという(2016年9月、中島洋平撮影)。

 たとえば、東京~大阪間などの長距離を結ぶ夜行路線では、たしかに女性向けの施策が目立ちます。JRバスでは夜行便「ドリーム号」シリーズに、「レディースドリーム号」などの女性専用車を設定しているほか、いくつかの路線で車内の一画に女性専用席を設けています。このような「女性専用車」や「女性専用席」、あるいは女性の隣席は必ず女性になることが確約される「女性安心コース」といったメニューは、多くの高速バス予約サイトで検索条件として設定できるようにもなっているのです。


この記事の画像

「高速バス、なぜ女性利用率が高いのか? 女性向けサービスだけでは説明つかぬ理由」の画像1 「高速バス、なぜ女性利用率が高いのか? 女性向けサービスだけでは説明つかぬ理由」の画像2