戦車が空から降ってくる!水上を走ってくる!空挺戦車M551「シェリダン」の理想と現実

 ただ、ここまでしても重量だけは10tという要求を守れず、約15tとなりました。しかし、全長約6m、全高約3mという、中戦車と並んでも遜色ない大きさの戦車でこの重量は画期的です。こうしてM511「シェリダン」は制式採用されました。

要求通り完成 いざ戦場へ! ただしそこはベトナムの密林

「シェリダン」は当初の要求通り、輸送機からの空中投下が可能な「空挺戦車」となりました。パレットに縛り付けるように固定した状態で輸送機から投下されると、3個のパラシュートを開き地上へと降りていきます。また弾薬や燃料などを積載しない状態であれば、輸送ヘリコプターの機外に吊り下げて運ぶことも可能でした。


ベトナム戦争に投入されたアメリカ陸軍の空挺戦車M551「シェリダン」。1969年8月31日撮影(画像:アメリカ陸軍)。

 時代は1960年代、ベトナム戦争が熱をおびはじめ、激しい戦闘が繰り広げられるようになった頃です。早速、「シェリダン」は約1000両が生産され、その戦場へと送られました。

 しかし、ベトナム戦争で「シェリダン」は、はっきり言って大した活動はできませんでした。その最大の能力であったはずの戦車空挺作戦は行われず、また水上航行能力が発揮されたという記録も残されていません。軽量化のために限界まで細くした履帯(いわゆるキャタピラー)は、湿地の多かったベトナムでは機動力を発揮できず、また車体が軽いため、障害物を乗り越えることも難しかったのです。


この記事の画像

「戦車が空から降ってくる!水上を走ってくる!空挺戦車M551「シェリダン」の理想と現実」の画像1 「戦車が空から降ってくる!水上を走ってくる!空挺戦車M551「シェリダン」の理想と現実」の画像2 「戦車が空から降ってくる!水上を走ってくる!空挺戦車M551「シェリダン」の理想と現実」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク