首都高「横浜北西線」本日開通 東名~横浜市街の新ルート 何が変わる? 便利になる?

首都高の新線「横浜北西線」が3月22日(日)16時に開通、東名高速と横浜市街地を結ぶ新ルートの開通は、横浜のみならず広域的な影響を及ぼしそうです。これに際し、首都高の上限料金も変わります。

横浜北西線開通で東名~横浜港 20分短縮

 2020年3月22日(日)16時、首都高の新線「横浜北西線(以下、北西線)」が開通、首都高K7横浜北線と第三京浜が接続する横浜港北JCTから、東名高速に接続する横浜青葉JCTまでを結ぶ7.1kmで、路線番号は横浜北線と同じ「K7」です。

 北西線の開通により、横浜市の中心市街地と東名を直結する新ルートが形成されます。従来、この役割は東名の横浜町田ICに接続する国道16号「保土ヶ谷バイパス」が実質1本で担っており、東名 横浜町田ICから横浜港までの所要時間は40分から60分ほどかかっていました。これが北西線・北線経由では、約20分まで短縮される見込みです。

首都高「横浜北西線」本日開通 東名~横浜市街の新ルート 何が変わる? 便利になる?

横浜青葉IC。左右の料金所は東名のもので、北西線と一般道を行き来するクルマは上屋のない中央部を通る(2020年1月、中島洋平撮影)。

 保土ヶ谷バイパスは最高速度80km/h、高速道路並みのスペックを持ちながらも開通当初から無料の道路です。横浜市道路局によると、その交通量は1日16万台にも及び、日本一ともいわれます。北西線は有料ですが、渋滞が慢性化している保土ヶ谷バイパスから交通の転換が予想され、初年度で1日4万台の通行を見込んでいるといいます。


あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月22日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。