最近赤信号の「停止線」の「かなり手前」で止まるクルマが増えているワケ



最近赤信号の「停止線」の「かなり手前」で止まるクルマが増えているワケ



2)スマホを早くいじりたい

厳罰化されようが、とにかく運転中に見ている人は多いし、見ていないにしても手に握りしめて止まったらすぐに見だすことも多い。つまり停止線まで我慢できず、止まれるところで止まって、早く見たいという気持ちがそうさせているようだ。端で見ていると、止まるとすぐにスマホをいじりだすので、理由としてはわかりやすい。



最近赤信号の「停止線」の「かなり手前」で止まるクルマが増えているワケ



3)クルマが大きすぎて錯覚する

衝突安全性もあり、どんどんと大きくなっているのはご存知のとおり。各メーカー、努力はしているが、そうなると見切りは悪くなりがち。女性に多いのが、前方下方まで見えないという例で、そうなると停止線で止めているようで、じつはがら空きということになる。



最近赤信号の「停止線」の「かなり手前」で止まるクルマが増えているワケ



4)なにも考えていない

クルマが快適になりすぎたのか。安全装備などがそうさせているのか、なんとなく走っている人が増えている。とりあえず赤信号だから止まればいいだろう的な気持ちになるという声がいくつかあった。信号は守っているからいい、と言い切る人も。つまりメリハリがまったくないというか、それすら意識しないドライバーということだ。



最近赤信号の「停止線」の「かなり手前」で止まるクルマが増えているワケ



以上、大別するとこの4つになるようだが、今後も聞き取りも含めて、その背景にあるものを探ってみるつもりなので、新事実がわかったらまたリポートしたい。

この記事の画像

「最近赤信号の「停止線」の「かなり手前」で止まるクルマが増えているワケ」の画像1 「最近赤信号の「停止線」の「かなり手前」で止まるクルマが増えているワケ」の画像2 「最近赤信号の「停止線」の「かなり手前」で止まるクルマが増えているワケ」の画像3 「最近赤信号の「停止線」の「かなり手前」で止まるクルマが増えているワケ」の画像4

当時の記事を読む

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月20日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。