走行中のスマホ操作も可能! ホンダが「レベル2の手放し」を飛ばして「レベル3」の自動運転車を販売するワケ

走行中のスマホ操作も可能! ホンダが「レベル2の手放し」を飛ばして「レベル3」の自動運転車を販売するワケ

レベル3では車両や周辺状況の監視から解放される

2020年の自動車関連重大ニュースのひとつが、11月にホンダが自動運転レベル3に求められる国土交通省の型式指定を取得したことだ。ホンダでは「トラフィックジャムパイロット(TJP)」と呼ぶ自動運転レベル3とは『一定の条件下で、システムが周辺の交通状況を監視するとともに運転操作を代行』するという機能であり、特定条件下において完全にドライバーが運転操作から解放されるというものだ。



つまりハンドルも握らなくてよく、アクセルやブレーキのペダル操作も不要になる。とはいえ、先進運転支援システム(ADAS)としてお馴染みの日産「プロパイロット2.0」やスバル「アイサイトX」も、ハンズオフ(手放し)運転が可能となっているし、先行車に追従した加減速も自動的におこなってくれる。ホンダのADASである「ホンダセンシング」にしてもハンズオフこそ対応していないが、特定条件下において車線中央維持と追従クルーズコントロールを可能とした自動運転レベル2のテクノロジーである。



走行中のスマホ操作も可能! ホンダが「レベル2の手放し」...の画像はこちら >>



では、ホンダが世界で初めて型式指定をとって量産を開始するTJPは、自動運転レベル2と、どこが異なるのだろうか。



これまでの自動運転レベル2が、あくまでも運転支援機能であり、運転支援機能に分類されるため、ドライバーは車両の状態や周辺状況を監視する必要がある。ハンズオフが可能であっても周辺を注視していなければならない。スマートフォンを使ったり、居眠りしたりというのは許されていない。


当時の記事を読む

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月15日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。