カタログはすり切れるまで読む! 街ゆくスーパーカーに群がる小学生! 熱狂度がハンパなかった昭和のクルマ好きの生態
拡大する(全2枚)

この記事をまとめると
■いまはさまざまなクルマ好きのジャンルが存在する



■しかし昔のクルマ好きは比較的、同じ方向を向いていた



■その理由と当時の様子について解説する



ディーラーにカタログをもらいに行く小学生も!

昔はクルマ好きが多かった、というのはよく聞く言葉だ。もちろんそれは正しいし、異論もない。今もクルマ好きというのはいるものの、その中身はちょっと違う気がする。現在はジャンルが細分化していて、チューニング、ドレスアップ、レース好き。さらには旧車や痛車など、さまざまだ。



一方、昭和はというと、ほぼ全員が同じ方向を向いていた。つまり、全員が一丸となって“ただのクルマ好き”だった。どういう感じかというと、新車が出れば自動車雑誌を貪り読み、場合によってはディーラーにカタログをもらいに行って穴が空くほど読む。当然、自動車雑誌はバカ売れしたし、ディーラーも小学生が自転車で来てもカタログをくれたいい時代だった。ちなみに1970年あたりのリアル旧車のカタログはハコスカなど、実車はかなり売れたにも関わらず、程度のいいものの現存数は少ない。理由は当時、ボロボロになるまで読み込み過ぎためだったりするので、恐るべし当時のクルマ好きである。



カタログはすり切れるまで読む! 街ゆくスーパーカーに群がる小...の画像はこちら >>



スーパーカーブームが起これば子どもたちは全員狂ったようにカードを集め、スーパーカーショーにピッカリコニカを持って押し寄せただけでなく、走っているスーパーカーを見つけては信号待ちなどで群がり、写真を撮らせてくれと取り囲むほど。


この記事の画像

「カタログはすり切れるまで読む! 街ゆくスーパーカーに群がる小学生! 熱狂度がハンパなかった昭和のクルマ好きの生態」の画像1 「カタログはすり切れるまで読む! 街ゆくスーパーカーに群がる小学生! 熱狂度がハンパなかった昭和のクルマ好きの生態」の画像2