90年代〜00年代の芸能ニュースや懐かしの流行を考察!

2

詰め込みすぎの最終回は伝説! やりたい放題だったボクシング漫画とは?

2017年8月20日 22時00分

ライター情報:バーグマン田形

『BAKUDAN』(著者撮影)

[拡大写真]

90年代中期の少年ジャンプ漫画『BAKUDAN』をご記憶だろうか?
佐藤健と神木隆之介主演で映画にもなった『BAKUMAN』ではない。宮下あきら先生による(悪い意味で)伝説のボクシング漫画である。

得意の極道漫画+『あしたのジョー』で新境地を切り開く!?


『魁!!男塾』が大ヒットした宮下先生だったが、続く『瑪羅門(バラモン)の家族』は人気が低迷。あえなく打ち切りとなっている。
(後にあの神戸連続児童殺傷事件、いわゆる酒鬼薔薇事件で犯人がメッセージを引用したことで有名になったが)

師匠である本宮ひろ志先生が80年代中期に『ばくだん』と言うタイトルでコケたことがあったが、あえて同タイトルで挑んだのだから、連載に向けて強い意気込みはあったようだ。

日本一の極道を目指していた不良少年、瀑 僚介(通称バクダン)が地上げのために訪れたボクシングジムで才能を見出され、日本人初のヘビー級チャンピオンを目指す。

不良漫画がブームになっていた


連載が始まった94年は、ジャンプで不良漫画がブームになっていた。
『ろくでなしBLUES』『BOY』が安定した人気を誇り、『ジョジョの奇妙な冒険』も第4部で不良要素多めの展開だ。その流れに乗った形で、序盤は不良漫画……のさらに上を行く、お得意の昭和を感じる極道漫画となっている。

傷害=ハシカ、殺人未遂=キメゴロ、刑期=マンジュウ、麦飯=バクシャリなどなど、 “業界用語”も目白押し。中2心はくすぐられまくりだ。

ライター情報: バーグマン田形

「一般社団法人 日本ハンバーグ協会」理事長。ハンバーグ以外にもプロレス、ファミコン、少年ジャンプ、80&90年代カルチャーが好物。

URL:Twitter:@tagatatomoyuki

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    もっと内容がわかる、元ネタにした可能性があるブログを見ました。『瑪羅門の家族』や『ばくだん』も載ってましたね。『メタルK』のほうがバレなかったと思うよ。

    1
  • 匿名さん 通報

    瑪羅門の家族は読んだなぁ。髪の毛で天罰下すやつ

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品