巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

「ニセ」南十字星にご用心!

このエントリーをはてなブックマークに追加

南十字星の見つけ方(AstroArts社のStellaNavigator ver.7で作成)

ニュージーランドを旅行中の人たちと、仕事で話す機会がよくあるが、「南十字星を見て帰りたい」という人が非常に多い。南十字星(サザン・クロス)、正確には、みなみじゅうじ座は南半球の代表的な星座で、全88星座中、最も小さい星座でありながら、人々を魅了してやまない。日本では、4月ごろに沖縄などで地平線低く見ることができるだけで、ほとんど見ることができないレアな星座だ。

ニュージーランドに住み始めてから、何度となく、夜空を見上げ、南十字星を探した。そして、南の空に浮かぶ4つの星が十字の形をしていれば、それが南十字星だと思っていた。ずっと、南十字星を見ていたつもりだった。のだが、つい最近、4つの星で十字の形を作る星の並びは、ほかにも2つあることを知った。そして、そういった並びを見て「南十字星を見た」と思い込んでいる人が多いということも。

その2つの星の並びであるが、まず、南十字星の近くにある、「にせ十字」。南十字星よりも、ひとまわり大きく、目につきやすいため、まちがえやすいのだとか。さらに、南十字星とにせ十字の間には「ダイヤモンド・クロス」がある。たしかに、十字型に見えるが、その名の通り、ダイヤモンドのような形をしている。

このような星たちに惑わされることなく、南十字星を見つける方法はないかと、オークランド市スタードーム天文台のスタッフに訊いてみた。「南十字星の近くには、『ポインター』と呼ばれる2つの明るい星があるので、それを目印にしてください。この2つの星を結び、明るい星から暗い星へ、そのまま伸ばしていくと、天の川の中にある南十字星につきあたります」。南十字星は季節によって向きや位置が変わるが、この方法で探してみたら、ド素人のわたしにも、にせ十字やダイヤモンド・クロスと間違うことなく簡単に南十字星を見つけることができた。

南十字星をはじめ、ニュージーランドの空には、北半球ではなかなかお目にかかれない星座や美しい天体がたくさんある。天文にはまったく興味がなかったわたしも、夜空にきらめく無数の星たちに、すっかり魅せられている。それは、まさに、満天の星空。どんなに見ても飽きることがないニュージーランドの星空。
(畑中美紀)

2005年11月14日 00時00分

注目の商品