巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

辛いものは女のほうが強いのか

かく言う私も、辛いものが大好き。カレーなら毎日食べられます。

「女の人は、辛いもの、強いからねー」なんていう言葉を、よく耳にする。
自分のまわりでも、「自称・辛いもの好き」は女性のほうが多く、タイ料理などを食べに行っても、女性の比率のほうが圧倒的に高い店が多い気はする。
でも、これって、ホントか?

辛さ5から10、15、20、30倍まで選べる横浜のある有名カレー店に聞いてみると、20倍、30倍などを選ぶのは「ほとんど男性」ということだった。
「うちの店は、ボリュームも売りなので、もともと客層の9割ぐらいが男性だから」というのが、その理由。辛さだけでなく、ボリュームの問題があると、さすがに女性の出る幕はないのか。

続いて、辛さを選べる辛味噌ラーメンで有名な、広島のラーメン屋さんに聞いてみると、
「辛いメニューに挑戦するのは、やっぱり男性のほうが多いですね。もともとチャレンジメニューとかは男性のほうがお好きなんじゃないですか?」
辛さに対する強さ、弱さではなく、「チャレンジ精神」で男性に軍配が上がるということのよう。
では、体のしくみとして、女性と男性、どちらが辛さに強いのか。

ある総合診療科の医師に聞いてみると、こんな回答があった。
「辛さに対する“強さ”“弱さ”には、正直、男女差はないと思いますよ。タイ料理やインド料理など、辛いものをどれだけ日常から食べているか、つまり慣れ・習慣の違いであって、性差というより個人差でしょうね」
もちろん味覚的に、辛さに対しての感じ方が鋭い人・鈍い人というのはあるが、こちらもあくまで「個人差」ということだった。

では、多くの人が言う「女性は辛いものに強い」は、やっぱり気のせいなのか?
「女性のほうが、好奇心が旺盛で、外国の料理などに対しても抵抗をあまり感じずに食べるということはあるでしょうね」(前出の医師)

また、辛いものが大好きな私の知人(女性)は、常日頃、こんなことを力説している。
「私は血行が悪いから、つい辛いものとかスパイスとか、汗をかきやすくなるモノが欲しくなるのよ」

ストレスや血行不良、好奇心など、様々な理由で辛いものを求める女性たち。それは単に「辛さに強い」のではなく、様々な要素がからみあって、求める刺激なのかもしれません。
(田幸和歌子)

2007年3月30日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品