巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

飲める? 飲めない? モロッコのお酒事情

ライター情報:古屋江美子

ビールが飲めるところもちゃんとある。
悠久のサハラ砂漠は一見の価値アリ!

悠久なサハラ砂漠、迷路のような街フェズ、毎日がお祭り騒ぎのマラケシュ――エキゾチックなムードと多くの見所で旅行者を惹きつけて止まない国・モロッコ。しかしモロッコを旅するうえで、ひとつだけ覚悟しておかなければならないことがある。

それはお酒。モロッコの国教はイスラム教。そう、イスラム教徒はお酒を飲まないのだ。旅先でのビールを至福の時間と楽しみにしている私のような人にとって、お酒が飲めないというのはかなりイタイ。

もちろんまったく飲めないというわけではない。カサブランカやマラケシュなどの都市にある観光客向けのホテルやレストランにはちゃんとビールが置いてある。だが小さな村や地元の食堂には、残念ながらまず置いていない。砂漠の満天の星空を見ながらキンキンに冷えたビール! なんて最高のシチュエーションだと思うのだが、モロッコでは実現不可能なのだ。

とはいえ、モロッコはイスラム教国のなかでは比較的お酒に関してゆるい国でもある。もちろん敬虔な信者も多いが、なかには時々お酒を飲んでいる人もいる。ただ以前、モロッコの小さな村を訪れたとき、たまたまスーパーで買った缶ビールを持っていたら、売店のおじさんに「ビールとうちの店の物を何か交換して!」とせがまれたこともあった。地方の小さな村ではお酒を入手するのが難しく、飲みたいけれどなかなか飲めないという現実もあるのだ。

そんなモロッコの人たちがお酒のかわり(?)に愛飲しているものがある。それが「ベルベル・ウィスキー」。「えっ? お酒だめなんじゃないの?」と思うかもしれないが、実はこれ、ミントティーのこと。モロッコの人たちが毎日飲んでいる定番のお茶だ。カフェでも多くの人がミントティー片手に長い間おしゃべりに興じている。まあ実際にはミントティーなので酔っ払うことはないのだが、なかにはまるで酔っ払っているかのようにテンションが高い人も。ちなみにベルベル人とはモロッコに古くから住む先住民のことだ。

ミントティーは、カフェやレストランでも飲むことができるし、ちょっとした売店などでふるまいとして出されることもあり、旅行者でも飲む機会は多い。はたしてどれだけ酔えるかは飲んでみてのお楽しみ。

それほど心配はいらないけど、知らないで行くとちょっと苦しい思いをするかもしれないモロッコのお酒事情。でもモロッコで出会える雄大な景色とおもしろい人々は本当に魅力的。多少お酒を我慢してでも行く価値は充分にありますよ!
(古屋江美子)

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2007年5月15日 00時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品