巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

世界一長いトンネルを通ってきたよ

このエントリーをはてなブックマークに追加

トンネル開通でアクセスがよくなったソグネフィヨルド

車が通ることのできる道路トンネルとして日本一長いのは?――答えは群馬県と新潟県をむすぶ関越トンネル。では世界最長のトンネルといえば……?

答えは「ラールダールトンネル」。日本を遠く離れた北欧、ノルウェーにある。その長さはなんと24.5km。関越トンネルがおよそ11kmであることを考えると、いかに長いかがわかるはず。

ラールダールトンネルは、オスロとベルゲンを結ぶメイン道路、さらに細かく言えばアウルランとラールダールという2つの村を結ぶところにある。1995年に工事が始まり、2000年に完成。このトンネルの開通によって、世界最長・最深のソグネフィヨルドへのアクセスが一層便利になった。

先日ノルウェーを訪れた際、このトンネルを通る機会に恵まれた。想像以上の長さにはもちろん驚かされたのだが、意外にも飽きることなくサクッと通過。もちろん物珍しさなど心理的な理由もあったかもしれないが、それだけではない。

実はラールダールトンネルには面白い仕掛けがある。トンネルがあまりに長いため、「途中で運転手が飽きないように」と、トンネル内の3カ所に特別なライティングが施されているのだ。トンネルに入ってしばらくすると、青色の妖しげな光の空間が登場し、真ん中には緑色の空間、そして出口付近に再び青色の空間が広がっている。光はかなり遠くからでも見えるので、「おっ、次はなんだ?」 と興味をそそられているうちに、眠気に襲われることもなく、あっさり通過できるというわけ。まあ毎日通って見慣れてしまえば、効果もなくなるかもしれないけど。

ちなみにこのトンネル、平均すると一日に1,000台ほどが通っているという。世界一の割に少ない気もするが、ノルウェー全人口が約467万人であることを考えれば納得かも。

あくまでひっそり、しかし堂々と佇む世界最長のラールダールトンネル。ソグネフィヨルドを観光する際には通る人も多いはず。ぜひ妖しくもどこか美しいこのトンネルをじっくり堪能してみてください。あっ、あえて意識しなくてもじっくり堪能せざるをえない長さだけど。
(古屋江美子)

2008年5月6日 00時00分

注目の商品