巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

安土城を“築城”してみませんか

ライター情報:dskiwt

このエントリーをはてなブックマークに追加

90分の1スケール「安土城」模型。完成後も左右に分割できる。

( 1 / 3 )

デアゴスティーニ・ジャパン社が週刊・隔週で刊行している分冊百科や付属パーツを組み立てる“パートワーク”と呼ばれる出版物たち。「デ・ア・ゴスティーニ♪」のフレーズで締めくくられるテレビCMを一度は見たことがあるかもしれない。新しい出版物がリリースされるたびに、「おっ、今度はそうきたか」と好奇心をそそられてきたが、今回のリリースを見て、今までで一番、ココロを揺さぶられた。

それは1月27日に創刊される『週刊 安土城をつくる』。あの戦国時代の武将・織田信長の居城「安土城」を、毎号付いてくる木製パーツで組み立てていくといったシロモノだ。

織田信長の世界観が具現化された安土城天主は、各階ごとに異なる外観、色彩の鮮やかさなど絢爛豪華という意味で一番好きな城。琵琶湖湖岸にそびえ立つこの安土城を当時の人々がどのように感じながら仰ぎ見ていたのか、と思いを馳せるのも楽しい。

そんな「安土城」の模型を自らの手でつくることができるという。デアゴスティーニ・ジャパン社・広報部の遠田尚美さんに詳しいお話を伺ってみた。

「当社はもともとドールハウス、帆船、機関車、戦艦など多くの組み立て商品を発売してまいりました。また、歴史に関する商品も数多く出しており、その両方の読者の方々からの要望で、日本の城を組み立てる商品を開発することになりました」

どうして今回、数ある城の中でも安土城を選択したのですか?

「安土城は、築城後3年で消失してしまったいわば『幻の城』であり、歴史上の人物でも特に人気の高い織田信長が築城した画期的な構造を持つ城です。
関連キーワード

ライター情報: dskiwt

関心あるモノコト:コーヒー、ビール、おにぎり、パン、本、本屋、映画、カメラ、時事英語、MacBook Air、iPad、iPhone、イタリアもの。

URL:Twitter:@dskiwt

2009年1月16日 10時00分

注目の商品